関ケ原史跡観光情報

関ヶ原史跡「実用Googleマップ」~観光のお供に便利な地図

スポンサーリンク



関ヶ原の史跡を「観光」する際に、史跡がある場所、駐車場の場所、アクセス方法など、事前に調べたい時でも現地に実際に赴いた時にも大変便利な「関ヶ原マップ」を作ってみました。

もちろん、関ヶ原の観光協会さんなどが無料で提供してくれるガイドマップやインターネットサイトの地図があり、非常に参考になるのですが、その地図多くは、史跡の場所そのものを差しています。
その史跡の場所はそれで分かったとしても、例えば、小早川秀秋の陣跡である「松尾山」への「登り口」は、インターネットサイトの地図では「示していない」のです。
よって、当方のオリジナルマップでは、史跡そのものが、入口より離れている場合、その入口も示し、また駐車場があれば、その駐車場もきちんと掲載させて頂きました。
そのため「実用的」な地図としてご参考頂けますと幸いに存じます。
ただし、史跡とその入口が遠くない史跡に関しては、入口も掲載しますと、マークが接近しすぎてかえって分かりにくくなるため、そのまま史跡だけを目印として差しております。

なお、関ヶ原町ご出身で実家も関ヶ原にある、寺田女史の監修を賜りまして、地図は万全を期しております。

スポンサーリンク


関ヶ原の観光に便利な地図

関ヶ原の戦いに関連する史跡の一覧リスト地図です。
右上の「わっか」部分をクリック(タップ)すると、Googleマップで開けて「大きな地図」にてご確認頂けます。

大きな地図で見る

ブックマークしたり、スマホのホーム画面に置いたりして置くと、便利かと存じます。
スマートフォンにてグーグルマップを開いて、このオリジナルマップにアクセスして頂ければ「カーナビ」としても使えますので、現地で迷わず・効率よく史跡巡りをすることも可能です。

関ヶ原史跡地図の説明

細かい道は、地図を拡大してご覧願います。
赤が「西軍(石田勢)」で、青が「東軍(徳川勢)」、緑が「寝返り組」です。
正式な駐車場(無料・有料)がある場所は「青のP」マークで、車を止められるスペースの場所は「黄色のP」マークにしてあります。
「黒」マークは史跡ではなく、布陣していた武将の推定地とさせて頂いております。
「人」のマークは登山口を示しています。
史跡のすぐ脇が駐車場になっている箇所は、駐車場の「P」マークだけの表示にしてあります。

なお、仕様上、Googleマップで表示されてしまう「写真」は史跡とは関係ない写真が出る場合がありますので、写真に関しては参考にはなさらないでください。

各史跡の道路からの入り方や、詳しい駐車場の話、観光所要時間などは、各史跡紹介ページよりご確認賜りますと幸いです。

※地図の正確性を保証するものではありませんので、万が一不利益が生じても当方では一切責任を負いかねます。

関ヶ原町観光ガイドブック

関ヶ原町の「関ヶ原観光協会」では、現地を巡る際に便利な「関ヶ原町観光ガイドブック」を無料で配布しています。
JR関ヶ原駅の駅前にある「イザ・関ヶ原」(観光案内所)や「関ヶ原町歴史民俗資料館」などに置いてありますので、合わせてご活用されると良いかと存じます。
ただし、関ヶ原町の史跡などしか掲載されておりませんが、当方の上記Googleマップの場合には、隣の垂井町に渡る関ヶ原合戦の史跡も含めて掲載させて頂いております。

地図編集協力者さま募集中

地図の正確性を維持するため、地図の「編集」にご協力頂ける方を募集致しております。
報酬などはございませんが、趣旨にご理解を賜り、ご協力頂けますと幸いです。

また、編集協力でなくても、下記の問合わせからは、間違え指摘などのご連絡を賜りましても構いません。
どうぞ、よろしくお願い申しあげます。

コメント

 
スポンサーリンク



関連記事

  1. 関ヶ原の史跡を周る計画を立てよう~徒歩・サイクル自転車・自動車(…
  2. 実際に関ヶ原を訪問した際の行程と所要時間などの詳細
  3. 関ケ原町歴史民俗資料館~関ヶ原合戦にもっと詳しくなろう
  4. いざ!!関ヶ原~関ケ原観光案内所「いざ関ヶ原」がオープン~コイン…
  5. 関ヶ原の戦いが再現されている体験型合戦資料館「関ケ原ウォーランド…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

戦国浪漫「戦国グッズ」

実際に鉄板も使用した本物志向「高級」甲冑型の携帯ストラップ
甲冑型ストラップ

甲冑型ストラップ

甲冑ストラップ

甲冑ストラップ

戦国武将「Tシャツ」や「スウェット」その他もあり
戦国武将シャツ

陣羽織はオーダーメイド
陣羽織オーダーメイド

戦国浪漫「戦国グッズ」通販
スポンサーリンク


PAGE TOP