関ケ原関連

伊賀上野城の伊賀流忍者博物館と忍者屋敷の仕掛けや忍者ショー

スポンサーリンク



甲賀忍者は主君に忠義を尽く方式を重視しましたが、伊賀忍者はお金で雇われる方式を重視したと言い、もちろん関ヶ原の戦いなどでも知られざる活躍をしました。
そんな伊賀の忍者について詳しく知る事ができる「伊賀流忍者博物館」が伊賀上野城には公園内にあります。
展示だけの堅苦しい資料館ではなく、実演での仕掛け紹介、忍者ショーなどが楽しめる施設で、なんでも年々、入場者数が増えていると言いますので、お勧めできるアミューズメント施設です。

スポンサーリンク


伊賀流忍者博物館

伊賀上野城の城域に、伊賀流忍者博物館として、伊賀忍者の屋敷があります。
1964年に伊賀市高山にあった民家を移築して、忍者屋敷として開館したそうです。

入館チケットを購入して、ある程度の人(最低5人くらい?)が集まると、グループとなって、順次、伊賀忍者屋敷の説明が10分ほど開始されます。

下記が伊賀忍者屋敷の入口で、ここの狭い戸口から入ったら靴を脱いで部屋に上がります。

台所も非常に趣がありますね。

見た目は普通の古民家と言う感じなのですが、屋敷の中にはいくつも「からくり」があります。
それらの仕組みなどを実演して頂きながら、忍者姿の係員さんからの楽しいお話を聞く仕組みです。

例えば、下記の天井下ですが・・・。

赤い忍者衣装を着た「くノ一」が潜んでいるの、お分かりいただけましたでしょうか?
棚に見えるのが実は階段になりまして、登れるようになっています。

下記は脱出路で、屋敷の地下と言うか地面に降りられます。

下記も壁が斜め(上から見ると三角)になっており、内部に潜んで木と木の間から見えるようになっています。
実は、私、今回2回目なのですが、以前訪問した際の記憶がほとんどなく、新鮮に改めて色々と学べました。

下記は縁側の下から忍者の巻物を出したところの場面です。
他にも何点か面白い所があるのですが、実際に行って見て頂けない事には伝わりにくいです。
このように色々と説明しながら屋敷の「仕掛け」をご紹介して頂けます。

説明が終わると靴を履いて、自由行動となり、地下の「忍術体験館」へと入れます。

まぁ、手裏剣など色々と展示されていますので、忍者好きの外国人などには非常に喜ばれそうですね。

忍者が使用した鉄砲なども展示されています。

そして、外に出ますと、周面にあるのは「忍者伝承館」と言う資料室です。

中では下記のような展示があり、忍者グッズなどのお土産物店もあります。

実はこの忍者伝承館の建物は、伊賀・上野城の貴重な「現存建物」なのです。
米を保管していた永倉(米蔵)の一部で、明治になってからは小学校の校舎でしたが、昭和45年に移築されました。

忍者ショーは、1日に行っている回数が決まっているので、時間があわない時もあるかも知れませんが、是非ご覧頂きますと非常に楽しめると存じます。
ちなみに別料金となります。
今回は時間が無かったのでパスしましたが、何年か前に動画撮影したものがありますのでご覧ください・・、と申し上げたかったのですが、自分で撮影したのはどっか行ってしまったので、他の方がUPしているのをご紹介致します。

あわせて、忍者屋敷を撮影していたのもありましたので、貼っておきます。

なお、伊賀流忍者博物館はJAF割引が使えますので、JAFの会員証を忘れずにどうぞ。

下記は忍者屋敷とは関係ありませんが、松尾芭蕉を祀る俳聖殿で昭和17年の建築物となります。

忍者屋敷の近くにありますので、よければどうぞ。

さて、伊賀・忍者屋敷の駐車場ですが、伊賀上野城の駐車場利用となります。
駐車場情報は、下記の「伊賀上野城」のページをご参照賜りますと幸いです。

筒井定次と伊賀上野城の戦い~伊賀・上野城の訪問記
百地三太夫~伊賀忍術の祖と百地丹波・藤林長門守
服部半蔵・服部半蔵正成~徳川家の忍者だったのか?
猿飛佐助~変幻自在の忍者(真田十勇士)
映画「忍びの国」出演者・キャスト一覧情報
忍者カテゴリはこちら

コメント

スポンサーリンク



関連記事

  1. 竹中重利とは~大分城(荷揚城)を大改修し大分市の礎を築いた武将
  2. 渡辺勘兵衛とは~石田三成の家臣として関ヶ原で奮戦し散った勇将
  3. 権現様しかめ像(しかみ像)~徳川家康苦難の絵画
  4. 好きな戦国武将「人気ランキング」
  5. 水口岡山城と水口城~水口城の戦い【関ヶ原の追撃戦】
  6. 関盛信と関一政とは~関ヶ原では井伊直政に属した伊勢亀山城主
  7. 戦国時代の好きな「お姫様」「女性」ランキング
  8. 牧田の戦い~丸毛兵庫頭・稲葉備中守等奮戦の地「稲葉貞通」も

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

オリジナル戦国グッズ

限定「頒布中」です。
戦国オリジナルバック
戦国オリジナル・ステッカー

オリジナル書籍
柳生一族
アマゾン書籍・電子書籍にて販売開始
スポンサーリンク


PAGE TOP