西軍の関ヶ原史跡

関ヶ原古戦場の決戦地碑~関ヶ原合戦の激戦地となった場所

スポンサーリンク



関ヶ原の戦いは、東軍・西軍合わせて15万とも言われる、規模の大きな合戦でした。
簡単に申し上げますと、関ヶ原のあちこちで、生き残りをかけた壮絶な戦いが繰り広げられた訳ですが、その中でも最大の激戦となった場所が、ここ「関ヶ原の決戦地」だとされています。

まぁ、理由は簡単です。
この石碑が建つ場所のすぐ西には「笹尾山」があり、石田三成が陣を構えた場所です。

西軍における、実質的な総大将は石田三成ですので、守る方も、攻める方も、精一杯戦ったと言う事なのでしょう。

他にも「開戦地」と言う石碑が小西行長の陣跡近くにありますが、この石田三成の陣跡から近いこちらは「決戦地」と言う事になります。

スポンサーリンク


Yahoo!地図もそうなのですが、Googleマップ共に元々表示されている国史跡・決戦地の「場所」は、間違っています。
決戦地はこの辺り、一帯だったと解釈すれば、決して間違いと言う事ではないのですが「決戦地の石碑」が建っている場所は下記の地図ポイント地点となります。

JR関ヶ原駅から歩いてきますと、約30分の距離となります。
この周辺は畑で見通しが良いですし、誤差と言う範囲でもありますが、念のため、正しい場所は上記であることを明記させて頂きます。

駐車場はありませんが、道幅は比較的広く、駐車禁止ではないので、路肩に車を止めて短時間の見学は可能です。
この辺りから、笹尾山(石田三成陣跡)もすぐ近くに見えます。

しかし、現地を訪れて分かりますが、西軍はやはり微高地と有利な場所に陣を構えていますので、東軍は概ね、低い土地から高い土地へ登るような形での戦いを強いられます。
午前中、両者互角の戦いだったとされますが、島左近の活躍もあり、概ね守りを突破されていないことを考慮しますと、若干、西軍が優勢だったのではないでしょうか?

最後には「心理」ですので、小早川秀秋が寝返ったことで、戦力的に不利になったと言うよりは、西軍の末端兵は、何時間も戦ってもう疲れていますし、心理的に戦意を喪失し、逆に東軍としては味方が増えたと言う事で、更に士気も上がったのではないでしょうか?

こうして、西軍は総崩れとなったのでしょう。

両者を称えるように、石田家と徳川家の家紋が入ったのぼりも建っている決戦地。
ここを訪れたあなたは何を感じますでしょうか?

笹尾山「石田三成陣跡」(島左近陣跡、蒲生郷舎陣跡)~石田三成の夢
石田三成とは~律儀で算術が得意だった才ある武将の印象も
島左近(島清興) とは~「鬼左近」と称された猛将
小早川秀秋(金吾、羽柴秀俊、豊臣秀俊)~関ヶ原では裏切るも、実は勇猛果敢で領民からも慕われた武将
黒田長政~父に負けず勇猛果敢で智将でもあった武将
1分でわかる「関ヶ原の戦い」
関ヶ原の戦い「開戦地」~関ヶ原の戦いが始まった史跡へ行こう
関ヶ原史跡「実用Googleマップ」~観光のお供に便利な地図
織田有楽斎 (織田長益)~野望を持たず戦国の世を生き抜いた織田信長の末弟
あなたが西軍武将ならどうする?「関ヶ原の戦い」にて徳川家康を討ち取る方法?

コメント

 
スポンサーリンク



関連記事

  1. 細川忠興陣跡~越中頭成兜を被り関ヶ原で奮闘
  2. 小西行長陣跡~セットで訪れる事ができる関ヶ原開戦地近くの史跡
  3. 関ヶ原・八幡神社~領主である竹中重門が創建した神社で関ヶ原徳川本…
  4. 藤堂高虎・京極高知陣地~京極高知と関ヶ原合戦史跡
  5. お茶屋屋敷~関ヶ原で勝利した徳川家将軍専用の宿泊施設は61棟もコ…
  6. 島津義弘陣跡(島津惟新陣跡)~防戦に徹した島津勢?【関ヶ原の史跡…
  7. 合戦しないで弁当を食べた吉川広家陣跡はココ~宰相殿の空弁当
  8. 関ヶ原の西首塚~西軍の亡骸を供養した供養塔【関ヶ原の史跡】

オリジナル戦国グッズ

限定「頒布中」です。
戦国オリジナルバック
戦国オリジナル・ステッカー

オリジナル書籍
柳生一族
2016年10月、書籍・電子書籍にて販売開始
オリジナル電子書籍

2016年8月、戦国武将研究会著作
スポンサーリンク


PAGE TOP