関ケ原関連

関ヶ原にも参陣した大沢次郎左衛門とは~小田原にある大澤正秀の墓

スポンサーリンク


大澤正秀(おおさわ-まさひで)は、大沢次郎左衛門(おおさわ-じろうざえもん)、大沢治郎左衛門、大沢正秀、大沢基康、大沢正重、大沢正継、大沢正次(大沢治郎左衛門正次)、大沢為康、大沢六郎左衛門など色々な名前があります。
いずれかは、父や子の名前である可能性も捨てきれません。

大澤正秀(大沢次郎左衛門)は、始め斎藤道三の家臣で美濃・宇留摩城主(鵜沼城主)を務め、鵜沼の虎と呼ばれるほどの槍術の達人だったようです。
知行は5840貫文と言いますので、それなりにもらっています。
正室は斎藤道三の娘とされていますが、確認が難しいです。

1564年、織田信長は木下藤吉郎(豊臣秀吉)に鵜沼城と伊木山城の攻略を命じます。
しかし、鵜沼城主の大沢治郎左衛門は強く抵抗しました。
太閤記によると1566年12月、木下藤吉郎の調略により大澤正秀(大沢次郎左衛門)は降伏しました。
そして、1567年1月5日、木下藤吉郎と共に大澤正秀(大沢次郎左衛門)は清洲城へ赴きましたが、織田信長は降伏した大澤正秀(大沢次郎左衛門)が心変わりするのを恐れて殺害を企てますが、木下藤吉郎の計らいで刀を渡され大澤正秀(大沢次郎左衛門)は逃れたとあります。

ただし、信長公記では鵜沼城(うぬまじょう)の攻略は1564年8月となっています。

なお、織田家に降った大澤正秀(大沢次郎左衛門)ですが、織田の家臣としての史料はありません。
しかし、大澤正秀(大沢正重)の異母弟・大沢為之(大沢主水為之)は織田信長の間者として仕えたともあります。

織田信長の死後になる1582年8月24日、北近江の支配者となった柴田勝豊から、大澤正秀(大沢次郎左衛門)が阿閉貞大の旧領と浅井郡を与えられています。

その後は羽柴秀吉(豊臣秀吉)、そして豊臣秀次に仕え、2600石を知行しました。
しかし、豊臣秀次の自害後は流浪しますが、関が原の戦いでは徳川勢に親子5人で参戦したことから、大澤正秀・大沢正重の父子は小田原城主・大久保忠世に庇護されました。
このようにして、大澤正秀は小田原の万松院に寓居すると76歳で死去したとされます。

新編相模風土記稿によると、大澤正秀(大沢次郎左衛門)が死去したのは1622年1月8日とあります。

スポンサーリンク


なお、小田原城の北条氏政に仕えた、大沢綱安(大沢次郎左衛門綱安)と言う鉄砲大将の名も見えます。
この、大沢綱安(大沢次郎左衛門綱安)はやはり鵜沼城主から追われたとありますので、大澤正秀の一族と言う可能性があります。
大沢綱安(大沢次郎左衛門綱安)は1579年4月4日に病死しますが、孫の大沢勘兵衛なる武将が、1590年6月23日の八王子城の戦いにて討死・28歳とあります。

更に大沢為泰(大沢次郎左衛門為泰)なる武将が、1556年、斎藤義龍の明智城襲撃に加わった斎藤勢の見られますが、大澤正秀(大沢次郎左衛門)の父である可能性があります。
このように大澤家では代々「次郎左衛門」を称しているようで、余計にわかりにくいです。

大澤正秀の墓

と言う事で、小田原・万松寺にある大澤正秀の墓をお参りして参りました。
大澤正秀の墓は、このページトップの写真です。

万松寺には松平信康の供養塔福島勝広(福島伊賀守)の墓もあります。

万松寺への行き方などに関しては、下記の松平信康のページにてご紹介させて頂いております。

また、大澤正秀(大沢次郎左衛門)に関しては調べても不明瞭な点が多かったため、情報提供もお待ち致しております。

松平信康と徳姫~小田原・万松院にある松平信康の供養塔
大久保忠世~無骨一辺倒である蟹江七本槍の徳川重臣

コメント

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

スポンサーリンク




関連記事

  1. 筒井定次と伊賀上野城の戦い~伊賀・上野城の訪問記
  2. 山口宗永と大聖寺城の戦い~関ケ原の際には前田勢2万に500で挑む…
  3. いざ!!関ヶ原~関ケ原観光案内所「いざ関ヶ原」がオープン~コイン…
  4. 水口岡山城と水口城~水口城の戦い【関ヶ原の追撃戦】
  5. 早川長政(早川長敏)とは~真田幸村とも共に戦った戦国末期の大名
  6. 寺沢広高とは~関ヶ原では東軍としてまた虹の松原などで慕われた唐津…
  7. 竹中重利とは~大分城(荷揚城)を大改修し大分市の礎を築いた武将
  8. 福原長堯(福原直高)とは~大垣城を最後まで守った西軍忠義の武将

戦国浪漫「戦国グッズ」

実際に鉄板も使用した本物志向「高級」甲冑型の携帯ストラップ
甲冑型ストラップ

戦国浪漫グッズ
戦国武将グッズ

自作甲冑キット新発売
甲冑自作キット

戦国浪漫「戦国グッズ」通販
スポンサーリンク


 スポンサーリンク
PAGE TOP