九州での関ヶ原

  1. 3分でわかる高橋元種~延岡城を築いた初代の延岡藩主

    高橋元種(たかはし-もとたね)は、1571年に筑前の秋月城主・秋月種実の次男として生まれました。母は田原親宏の娘です。天正6年(1578年)、耳川の戦いのあと、8歳の頃に同盟者である小倉城主・高橋鑑種の養子となります。そして…

  2. 熊谷直盛と熊谷直之~大垣城を守備した西軍の将

    熊谷直盛(くまがい-なおもり)は、若狭国守護である武田氏の家臣と考えられます。同族とも言…

  3. 中川秀成と虎姫とは~周りに惑わされることなくお互いを理解したふたり

    中川秀成(なかがわ-ひでしげ)は、1570年に中川清秀(茨木城主)の次男として生まれました。母は…

  4. 早川長政(早川長敏)とは~真田幸村とも共に戦った戦国末期の大名

    早川長政(はやかわ-ながまさ)は、早川幸憲の子として誕生しました。この早川家は、甲斐源氏・第5代…

  5. 太田一吉~文官派として大分の臼杵城にて籠城した西軍の将

    太田一吉(おおた-かずよし)は美濃・太田村出身の武将です。美濃・太田家は、もともと斯波家の家臣で…

  6. 松浦久信と松浦久信とは~2人とも関ヶ原に参陣したか?

おすすめ情報

  1. 竹中氏陣屋と岩手城~破却を免れた立派な櫓門と水堀がある竹中家先祖伝来の地
  2. 福島正則陣跡(春日神社)~関ヶ原の戦いを見届けた「月見の宮大杉」
スポンサーリンク


スポンサーリンク


PAGE TOP