今戦国日記

静岡まつり(第61回・2017年)と川中島合戦戦国絵巻(笛吹市)に参陣報告

静岡まつり・甲冑行列
スポンサーリンク


このコーナーでは、私・高田の「今戦国日記」として、勝手気ままに戦国時代や戦国武将などに関連する「現代」での私の出来事を日記風に記載致しております。
たまに記事追加する形となり、関ヶ原とも関係はありませんが、もしよければ、コーヒーブレイクタイム代わりでもご覧頂けますと幸いです。

静岡まつりに参陣

なんか、本日は、ちまたで「ウソ」が流行っているようですが、2017年4月1日、静岡まつりに行って参りました。
春になりまして、日本全国でも史跡・城跡などをベースにした「お祭り」「イベント」が開催されておりますが、最近、太陽の黒点が出ないようで、気温も上がらす、桜の満開も遅れているようです。

今回も、加藤氏主宰のSacTさんの末端に加えさせて頂きました。
駿府城に朝8時集合と言う事で、前泊しようか?、かなり迷いましたが、朝の4時30分に出発してみました。
雨がポツポツと言う天気だったお陰で、春休みの土曜日だと言うのに、東名の渋滞が無かったのは幸いです。
高速道路すいていると、自動速度でラクラク運転なので、疲労度も違います。

スポンサーリンク


参加させて頂きましたのは、上記の通り、駿府城への登城行列「今川義元」隊でございます。
上記写真の「旗」を持たせて頂いておりますのが、私・高田でございます。
このような機会がないと、ほんと、散歩もしないので、久しぶりに歩いた感じで、運動不足の私にはありがたいです。

ちなみに、大御所(徳川家康)は、田村亮さんでした。

3月~5月上旬は花粉症で体が色々と問題を起こします。
静岡まつりは、雨がポツポツでしたので、へんな意味で天候は幸いしたのですが、今も、目がかゆいです。

今月は、あと、ふるさと納税をしてしまった、山梨県笛吹市の川中島合戦戦国絵巻が控えております。
過去にご参加された方の話によりますと、何度も戦うらしくて、かなり疲れると聞いておりますので、また「運動」になればと願っておりますが、まだ、現時点では詳細は不明でございます。
まぁ、甲冑や武具も全部用意して頂けるようですので、何も持たなくて参加できるようですが、花粉症でもありますし、恐らくは、川中島の戦いに参加すると、後悔して帰ってくる結果になりそうです。

そのため、この4月の行事を最後の思い出に、甲冑は脱ぎまして、基本的には引退しようと思っています。
要望があれば、隠居の身とは言え、復帰するかもしれませんが、そんな声も掛かるわけないですしね。
と言う事で、戦国武将系の啓発活動を中心に動いていきたいと存じております。
ただ、やる前から嫌だとは言って参加しないと言うのは私のポリシーに反します。
何事も体験してみない事にはわからないでしょう精神ですので、経験済みの立ち回りや演技以外や、新規場所などの案件はご参加させて頂くかも知れません。

明日(4月2日)は、体のメンテ(肩こり解消)を頑張ります。

川中島合戦戦国絵巻【山梨県笛吹市】

2017年4月16日は、山梨県笛吹市の「川中島合戦戦国絵巻」に、ふるさと納税枠にて参陣して参りました。

川中島合戦戦国絵巻

皆様、ニコニコしながら、敵と戦っておられました。
まぁ、細かいことにはこだわらず、楽しいと言う事は良いことだとは存じます。

合戦の模様を撮影した動画は、5本ほど下記に載せてありますので、よければ、ご覧いただけますと幸いです。

日本の歴史人物伝 【戦国武将列伝Ω公式動画】

次回の川中島合戦戦国絵巻からは、4月ではなく10月下旬に移行されるそうです。
申込受付が開始されると、すぐに埋まってしまう人気イベントですので、情報収集は怠りなく・・。

ただし、自分の好きな武将の役になれるチャンスがあると言うのは、なかなか良い趣向だと存じます。
押し付けられる役ではなく、武将格を選べるのでしたら、参加したくなるのではと存じます。

詳しくは下記にて・・。

川中島合戦戦国絵巻 笛吹市の合戦イベトン攻略法など

ヒノキ花粉の飛散は、以外にも山梨は少ないと言う予報だったので、当日は、なんとかしのげましたが、帰ってからは目もかゆく、翌日から、今年最大のクシャミ連発状態です。

以上、ご覧頂きまして、誠にありがとうございました。

※1ページ=1ヶ月で記載致しております。

甲冑武者サークルSacT
戦国武将好きのFacebook-club
三増合戦まつり 武田x北条 非公式開催案内

コメント

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

スポンサーリンク




関連記事

  1. 戦国イベント 戦国時代関連イベント・展覧会開催などの情報2017年3月
  2. 戦国イベント 戦国時代関連イベント・展覧会開催などの情報2017年8月~10月…
  3. 鎧や甲冑を自分で作る場合に必要な道具類の一覧
  4. 亭主関白 亭主関白の意味を正しく理解しよう~関白・豊臣秀吉との関係は?
  5. 川中島合戦戦国絵巻 川中島合戦戦国絵巻 笛吹市の合戦イベント攻略法などレポート
  6. 甲冑自作教室&パレード出陣など(2016.05)
  7. 安宅船 戦国時代にガレオン船が日本で用いられなかった理由を考えてみた
  8. 判官びいき 判官びいき もともと悲運の武将に同情する意味だった

戦国浪漫「戦国グッズ」

実際に鉄板も使用した本物志向「高級」甲冑型の携帯ストラップ
甲冑型ストラップ

戦国浪漫グッズ
戦国武将グッズ

自作甲冑キット新発売
甲冑自作キット

戦国浪漫「戦国グッズ」通販
スポンサーリンク


 スポンサーリンク
PAGE TOP