今戦国日記

川中島合戦戦国絵巻 笛吹市の合戦イベント攻略法などレポート

スポンサーリンク


関ケ原の戦いではありませんが、武田信玄上杉謙信が雌雄を決した「川中島の戦い」を再現した戦国合戦イベント「川中島合戦戦国絵巻」の模様と攻略法を掲載しておきたいと存じます。
川中島合戦戦国絵巻は、山梨県笛吹市・笛吹市観光物産連盟さん主催の「笛吹市桃源郷春まつり」メインイベントとなります。

開催場所は、笛吹市役所前の笛吹川・河川敷で、一般参加者を含めた総勢800名前後が、武田軍と上杉軍に分かれて、川中島合戦を演じます。

スポンサーリンク


このイベントには大将格・一般兵など、参加費が掛かりますが、高校生以上で健康であれば、参加申込ができます。
例年ですとだいたい3ヶ月前から一般兵の募集開始を行います。

ただし、武田信玄役や上杉謙信役など、一部は、ふるさと納税の景品となっている場合がありますが、大将格は、市長などにするようなお祭りも多い中、一般人が大将になれるチャンスがあると言うのは、素晴らしいコンセプトだと存じます。

今回、私の場合には「一般兵」(足軽)のほうのふるさと納税にて参加させて頂きました。
その時の様子を記載してきますと、集合時間は朝9時でした。
遠方からお越しの方は、事前に、石和温泉などにご宿泊されていたようです。

駐車場は参加者用に臨時の無料駐車場が設けられますので、車で行くことも可能です。
ただし、高速で来ようと思っても、土日の中央自動車道は「渋滞」するので注意が必要です。

小学校の体育館に集合すると、高津装飾美術さんが準備している甲冑などを着ます。
川中島合戦戦国絵巻の場合、衣装・甲冑など、すべてイベントのほうでご用意頂けますが、甲冑の素材も「鉄」を使用しており、そりなりに重量もあります。
逆に申し上げますと、マイ甲冑は不可です。
ただ、用意されている服装の場合、足元が若干不安です。
黒の軍足(靴下)と草鞋(わらじ)を履くのですが、安全のためには「地下足袋」(じかたび)の方がよく、地下足袋を持参することが許可されており、私は、自分の地下足袋と5本指靴下を持参致しました。

あと、若干の小物類、例えば、ペットボトルホルダーや巾着などを身に着けることも、許されている模様です。
足軽は兜(かぶと)無いので、自分で陣笠を用意して来ている方もいるようです。
ただし、このような小物・備品類は、戦国風になるよう、カラーなど目新しい色や素材にならないよう配慮したいところです。
なお、ロッカーなどはありませんので、着替えを入れておくバック類や、自分の靴を入れておくビニール袋は必要です。

袴(はかま)も着ますが、着付けも高津装飾美術さんのスタッフが手伝ってくれますので、初めてでも問題ありません。
ただ、袴を着ますと、トイレが困難になりますので、その点は色々と自分なりに工夫が必要かと存じます。
男女一緒に着替えますが、念のため、体育館のステージ裏が女性の更衣室代わりになっているようです。

暑いと日焼けしますので、日焼け止めは必須です。

朝11時前に部隊ごとに記念写真を撮影しますが、この写真は1枚、帰るときに、隊長からもらえます。
11時からは校庭でリハーサルを行い、お昼くらいに、だいたい部隊ごとにお弁当を食べます。
紙パック200mlのお茶も頂けます。
そして、12時20分くらいから再びグランドに整列して、槍を持って出陣し、河川敷まで部隊ごとに移動(武者行列)しますが、この武者行列は、沿道のお客さんはほとんどいません。

なお、槍は長いですし、旗も重たいです。
歩いている途中に、車にぶつけてしまったりすると、大変ですので、注意しましょう。
一般兵は、背中に背旗を付けます。

私は、3万人の観客がいる河川敷に入るところで、草鞋(わらじ)の紐が切れてしまい、そのあとは、地下足袋だけで歩けましたが、このように、草鞋に問題が生じますと、支給される軍足だけでは厳しいです。
ただし、高津装飾美術さんのスタッフが近くにいれば、新しい草鞋を履かせてくれますが、行軍の列には遅れを取ります。

会場に入ってからは、概ね、スタッフさんの指示がありますので、進行は問題なく、迷ったりすることはほとんど無いかと存じます。
また、陣幕の裏に、2リットル・ペットボトルと紙コップがあり、好きなタイミングで、飲むことができます。
暑いと熱中症になりますので、水分補給はしっかりとと申し上げたいところですが、会場にトレイは無いようですので、難しいところです。

参加者の4割くらいは女性の方でした。
ただ、男性も女性も、やたらと刀を抜いて、じっくり見てみたり、単にコスプレと言う感覚での参加者が多いように感じた次第です。
合戦はヤリで行いますが、危ないので、上の方で、お互いの槍を軽くたたくような感じです。
ただ、人数が多いので、それなりに迫力はあるかと存じますし、笑いながら戦っていた方が多かったので、楽しかったのではないでしょうか?

プロの殺陣を行っている「久世七曜会」さんが前面で戦いますので、一般兵などに戦死者役などは生じません。
カメラ撮影も、怒られることはありませんが、進行の妨げになるような行為は慎みたいところです。

ちなみに、上杉軍になると、武田軍より早く会場に入って、武田軍より後に会場から出ます。
また、上杉勢は、車がかり戦法のため「走り」ます。
武田勢で移動が大きいのは、火の軍団となる、高坂昌信、武田信廉、小幡昌盛、一条信龍、真田信綱、多田満頼の部隊となりますが、上杉ほどの移動距離ではありません。
昔はもっと走らされたようですが、私が参加させて頂いた際の武田勢は、大丈夫でしたので、これでしたら、毎回、行けるかも知れません。

下記は、武田本陣です。
このあと、御屋形様が単独で、敵陣に走り出したため、重臣や我々は「御屋形様をお守りしろ~」と言う事で、一丸となって、上杉陣に突入を図りました。

15時30分頃にプログラムが終了し、小学校の体育館へと行列で戻りますが、河川敷から出ると、沿道のお客さんは皆無です。

なお、当日の模様は、プロのデジタルデビジョンさんなどが写真撮影しており、後日、インターネット上にて有利販売してくれます。
ただし、帰りに、ログイン用のIDとパスワードが必要らしくて、そんなことを知らなかった私は、その案内チラシをもらえずに帰ってしまいました。
まぁ、雑兵ですので、あまり写っていないとは存じますが、こっちから聞く必要が無いよう、このシステムは改善が必要かも知れません。(あとから問い合わせを受けていると、問い合わせを受けた方も、それはまた手間がかかると存じます。)

2018年(平成30年)の「第39回 川中島合戦戦国絵巻」から、秋(10月下旬)の開催となることが決定しました。
例年ですと、3ヶ月前に、参加者の募集が行われますので、付け加えさせて頂きます。

5本ほど、ちょこっと動画も撮影してあります。
下記よりご覧いただけますと幸いです。

日本の歴史人物伝 【戦国武将列伝Ω公式動画】

笛吹市の職員の方やご支援の方々、またイベント企画などの業者様など、皆様の力があって初めて成功できるイベントで大変なご苦労もあることと存じます。
しかし、末永く、このようなイベントが続きますことを、せつに希望するところでございます。
今回は、大変お世話になりまして、誠にありがとうございました。
また、この記事をご覧頂きました皆様にも深く感謝申し上げます。

笛吹市観光協会
5分でわかる川中島の戦い~永禄4年川中島合戦(第4次川中島の戦い)
甲冑武者サークルSacT
戦国武将好きのFacebook-club
甲府・信玄公祭りの「甲州軍団」武者行列 レポート・写真集
三増合戦まつり 武田x北条 非公式開催案内

コメント

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

スポンサーリンク




関連記事

  1. 静岡まつり(第61回・2017年)と川中島合戦戦国絵巻(笛吹市)…
  2. 甲冑自作教室&パレード出陣など(2016.05)
  3. 戦国時代関連イベント・展覧会開催などの情報2017年4月
  4. 鎧や甲冑を自分で作る場合に必要な道具類の一覧
  5. 戦国時代にガレオン船が日本で用いられなかった理由を考えてみた
  6. 亭主関白の意味を正しく理解しよう~関白・豊臣秀吉との関係は?
  7. 戦国時代関連イベント・展覧会開催などの情報2017年8月~10月…
  8. 映画「関ヶ原」キャスト・出演者の一覧リストとロケ地も(最新情報)…

戦国浪漫「戦国グッズ」

実際に鉄板も使用した本物志向「高級」甲冑型の携帯ストラップ
甲冑型ストラップ

戦国浪漫グッズ
戦国武将グッズ

自作甲冑キット新発売
甲冑自作キット

戦国浪漫「戦国グッズ」通販
スポンサーリンク


 スポンサーリンク
PAGE TOP