関ヶ原近郊の史跡

人質の黒田長政(松寿丸)を保護した不破矢足と五明稲荷神社

スポンサーリンク


1578年、荒木村重織田信長に謀反を起こした「有岡城の戦い」の際に、黒田官兵衛は単身で有岡城に乗り込み、荒木村重を説得しようとします。
しかし、黒田官兵衛は捕えられて、土牢に閉じ込められてしまい、戻って来ない黒田官兵衛も寝返ったと織田信長は判断します。

その為、羽柴秀吉(豊臣秀吉)が長浜城にて預かっていた、黒田家からの人質である「松寿丸」(黒田長政)(10歳)を処刑するように命じました。

困ってしまった羽柴秀吉を見た、当時の軍師・竹中半兵衛(竹中重治)は「その役目手前がつかまつる」と長浜城へ向かいました。

この時、黒田官兵衛が織田信長を裏切る訳がないと確信していた竹中半兵衛は、密かに松寿丸(黒田長政)を領地である美濃・岩手に移動させ、別の首を差し出し、織田信長の命に逆らってまで黒田長政を匿ったと言います。

スポンサーリンク


その、松寿丸(黒田長政)を密かに保護したとされる場所のひとつが、この五明稲荷神社がある付近となります。
菩提山城にて匿ったとする説もありますが、恐らく、竹中半兵衛の事ですので、1箇所にずっと隠れるようなことにはしなかったのではと思います。

また、自分の屋敷や城にて保護していると、人目も多く、場合によっては忍者の探索を受けることもあるかも知れません。
その為、信頼できる「重臣」の家に預けた方が無難だと思いますので、恐らくは竹中半兵衛も同様に考えたのではないかな?と言う気が致します。

とにかく、黒田官兵衛の嫌疑が晴れるまでは、なんとしても隠さなくてはなりませんからね。

家臣・喜多村十助の屋敷や、不破矢足の屋敷にて保護していたとされています。
その不破矢足の屋敷が、この五明稲荷神社の近くにあったと言われているようです。

竹中氏第一の家臣・不破矢足

不破氏と言うのは、不破郡と言う地名にもある通り古い士族で、宇都宮氏の庶流ともされますが、南宮大社の社家出身として知られます。
有名なのは、稲葉一鉄(稲葉良通)・安藤守就・氏家直元の3人と共に西美濃四人衆と言われた西保城主・不破光治がいます。

ここでご紹介する不破矢足(ふわ-やそく、やたり)はその不破氏の一族で、幼名は幼名弥次郎と言い、母方の姓である喜多村十助直吉を名乗っていました。

斎藤道三の家臣としては1556年に斉藤道三の遺筆を不破矢足が託され、現在でも不破家に現存しているそうです。
その後、竹中半兵衛の父に仕えると、1558年には岩手長誠攻め際に、手引きをする功績を上げています。

1560年に竹中半兵衛が稲葉山城を乗っ取った際には、鐘の丸の荒法師を倒すなど抜群の豪の者でした。
この時、不破矢足は左手を斬り落とされたとされ、自分の手を持ち帰ると屋敷内に「手塚」を設けたと言う逸話もあります。

1570年、姉川の戦いでは、竹中半兵衛の弟・竹中重矩(竹中久作)の補佐として参陣すると、織田本陣を狙った遠藤直経(遠藤喜左衛門)の首を取り、竹中重矩の手柄にしたともされています。

まぁ、全部が全部と言う事ではないのですが、合戦で敵将を討ち取る場合、家来が敵将に群がってある程度、瀕死の傷を負わせ、側にいる主人に最後のとどめ(首捕り)を行ってもらい、手柄にしてもらうと言うケースも多々あります。
特に初陣の手柄を立てさせる場合には多くこのようにしましたが、今回は不破矢足が後見役でしたので、そのたぐいだったのではないでしょうか?

しかし、戦傷で左手もない不破矢足がスゴイのは、この時足に矢が刺さったとされますが、それでももう1人を討ち取ったと言う事です。
負傷しながらも果敢にも敵を討ち取ったと言う事で、竹中半兵衛がその武勇を褒め「矢足」(やそく)と命名したと竹中旧記などに記載されているようです。

ちなみに、不破矢足の正室は、安藤守就の妹(竹中半兵衛の妻の叔母)であるため、竹中家の家中としても、トップレベルの重臣と言えるのではないかと思います。
不破矢足の墓も五明にあるそうです。

さて、匿われた松寿は女装して「於松」と呼ばれていたともあり、また「幸徳」と言う舞が得意な小坊主が世話をしていたともされます。

晴れて、黒田官兵衛は栗山善助(栗山利安)、母里太兵衛(母里友信)、井上九郎右衛門(井上九郎次郎)らによって救出されたのですが、その時には既に竹中半兵衛は結核(肺炎?)で命を落としていました。
五明稲荷神社(五明稲荷)には、松寿丸(黒田長政)が1580年閏3月に岩手を去る際に、銀杏の木を植えたと言う伝承もあります。

当然、黒田官兵衛も黒田長政も竹中半兵衛にはスゴク感謝した訳で、竹中家の家紋を貰い受けている他、竹中半兵衛の子・竹中重門が元服した際には黒田官兵衛が烏帽子親を務めました。

黒田長政(10歳)が美濃・岩手にいた頃、竹中重門は14歳のはずですので、良いお兄さんでもあったと思います。
そして、関ヶ原の戦いでも、黒田長政は竹中重門と共に石田三成相手に奮闘するのです。

五明(ごみょう)稲荷神社は、脇にある集会所の駐車場を利用させて頂きました。
下記の地図ポイント地点となります。

目立った遺構などはありませんが、こんな有名な地を訪問できて、本当に良かったと思います。
車で5分程のところには、竹中氏陣屋跡もありますので、セットでどうぞ。

竹中氏陣屋と岩手城~破却を免れた立派な櫓門と水堀がある竹中家先祖伝来の地
竹中半兵衛 ~豊臣秀吉の天下統一を一緒に夢見た名軍師
斎藤道三~権謀術数を駆使し大名になった美濃の蝮
竹中重矩~軍師・竹中半兵衛の弟とは?
竹中半兵衛が隠棲し、木下秀吉が「三顧の礼」にて訪問した地でもある長宗我部盛親陣跡
竹中重門(竹中半兵衛の子)~関ヶ原の戦いでは黒田長政と一緒に戦った
姉川の戦いと遠藤直経~信長暗殺を進言した知勇兼備の謀将【姉川合戦場探訪】
黒田官兵衛とは 黒田家とは~名軍師・黒田孝高、黒田如水の詳細紹介
黒田長政~父に負けず勇猛果敢で智将でもあった武将
岡山烽火場(丸山)黒田長政・竹中重門の陣跡~関ヶ原がキレイに見える展望地
垂井城跡~平塚為広の居城【垂井町の関ヶ原合戦関連】


家紋入り戦国浪漫「戦国グッズ販売」好評通販

コメント

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

 
スポンサーリンク




関連記事

  1. 長宗我部盛親陣址~九十九坊・栗原連理のサカキにあった陣跡【垂井町…
  2. 大垣城の歴史と大垣城の戦い~大垣城訪問記
  3. 浅野幸長陣跡~垂井一里塚がある旧中山道沿いに布陣【垂井町の関ヶ原…
  4. 明泉寺にある小西行長の墓?~垂井・岩手の竹中家ゆかりのお寺
  5. 島津の退き口~島津の撤退戦と島津豊久の碑【関ヶ原近郊の史跡】
  6. 垂井城跡~平塚為広の居城【垂井町の関ヶ原合戦関連】
  7. 島津豊久とは~軍法戦術に妙を得たりと評された名将が眠る島津豊久の…
  8. 金屋川原の戦い~南宮山側でも戦闘となった関ヶ原合戦の追撃戦

戦国浪漫「戦国グッズ」

実際に鉄板も使用した本物志向「高級」甲冑型の携帯ストラップ
甲冑型ストラップ

戦国浪漫グッズ
戦国武将グッズ

自作甲冑キット新発売
甲冑自作キット

戦国浪漫「戦国グッズ」通販
スポンサーリンク


 スポンサーリンク
PAGE TOP