関ケ原の時の徳川家臣

本多正重と本多正氏~徳川家を出奔するも復帰して大名になった槍の名手

スポンサーリンク


本多正重(ほんだ-まさしげ)は1545年、本多俊正の4男として生まれた。
兄に本多正信がおり、共に松平家康の家臣として仕えた。

1563年、三河一向一揆では兄と共に一揆勢の武将として徳川家康と敵対。
しかし、1564年に徳川家康が一揆を鎮圧すると、徳川家に帰参したようだが時期などは不明である。

その後、遠江・掛川城攻め、1570年の姉川の戦いと活躍。
この年、正室である門奈氏の娘との間に、嫡男・本多正氏が生れている。

1572年には武田信玄との一言坂の戦い・三方ヶ原の戦いで殿軍を務め戦功を挙げているが、知略で有名な兄・本多正信と違って、槍の名手で剛勇だったらしく織田信長からは「海道一の勇士」と評されたと言い、徳川家康も武将としては評価していた。
また、1575年、武田勝頼との長篠の戦いでの活躍も見られる。

どうも三河武士らしく、主君・徳川家康に対しても、遠慮なく何でも言ったらしく、尚且つ頑固だったともされ、設楽原の戦いの直後に、本多正重は徳川家を出奔して浪人した。
槍一本で渡り歩いた典型例であり、そのあと滝川一益に仕えると播磨・神吉城攻めに参加。
のち前田利家に属すると佐々成政と戦い、武功を挙げているが、その後には会津に移動して蒲生氏郷に仕えている。
ただし、これら出奔して他家へ頻繁に鞍替えしていることからも、徳川家の間者として情報収集を担当したのではともされている。

なお、長男の本多正氏(ほんだ-まさうじ)は1588年から徳川家康の近習として仕えていたようで、陸奥の九戸政実攻め、朝鮮攻めの際にも肥前・名護屋城に詰めなどに徳川家康に随従している。
ただし、1592年から父同様に徳川家から出奔した。
父同様に頑固だったのではとする説もあるが、同様に他家へ潜伏したとも言われている。
その後、本多正氏は豊臣秀次の重臣・羽田正親と懇意となると、豊臣秀次の重臣に加わった。
しかし、1595年、豊臣秀次事件によって豊臣秀次が自害し、羽田正親と共に殉死している。享年26。

スポンサーリンク


一方、本多正氏は1595年に蒲生氏郷が死去すると、蒲生家でお家騒動となり、蒲生家を去って、1596年に徳川家の旗本として復帰した。
なお、蒲生氏郷が亡くなる前に3回喧嘩をして蒲生家を出たともされている。

1600年、関ヶ原の戦いで本多正氏(55歳)は徳川家本陣にて諸軍指揮を任され、検使を務めている。
その功績にて、1602年に近江・坂田郡内に1000石を与えられた。

1614年からの大坂の陣では、徳川秀忠の旗本として参謀を務めている。
そして、1616年7月、下総・相馬郡舟戸(千葉県柏市)にて1万石となり、本多正重は下総・舟戸藩主として大名に列した。
しかし、官位は生涯受けず、通称の本多三弥あるいは本多三弥左衛門で通しているのも珍しい。

本多正重は翌年の1617年7月3日に死去。享年73。
京都の泉桶寺に葬られた

本多正重は遺言で減封を願っていたともさり、舟戸藩は僅か1年で8000石に減封となり、あとを継いだ娘の子・本多正貫(養子)は、藩主ではなく大身旗本となっている。

本多正信~智謀を振るった徳川家の名参謀
姉川の戦いと遠藤直経~信長暗殺を進言した知勇兼備の謀将【姉川合戦場探訪】
三方ヶ原の戦いと一言坂の戦い~史跡の写真や地図・駐車場情報も
本多忠勝~名槍が似合う豪将・徳川四天王
本多正純~吏僚としての才能を発揮し徳川幕府の為に尽くすも

コメント

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

スポンサーリンク




関連記事

  1. 岩崎城の戦い~岩崎城主の丹羽氏次と丹羽氏重とは【小牧長久手の戦い…
  2. 横田尹松とは~高天神城の生き残りで徳川家では使番となった武田家臣…
  3. 遠山利景と遠山一行~徳川家の旗本となる礎を築いた明知城主
  4. 松平忠吉とは~井伊直政と共に関ヶ原の火蓋を切るも
  5. 酒井重勝と酒井重忠とは~徳川家の槍奉行と河越城主
  6. 柴田勝政と柴田勝重~東京の住宅街にて今なお柴田勝家の兜を祀る史跡…
  7. 遠山友勝と遠山友忠~遠山友政は関ケ原の戦いで活躍し苗木城に復帰

戦国浪漫「戦国グッズ」

実際に鉄板も使用した本物志向「高級」甲冑型の携帯ストラップ
甲冑型ストラップ

甲冑型ストラップ

甲冑ストラップ

甲冑ストラップ

戦国武将「Tシャツ」や「スウェット」その他もあり
戦国武将シャツ

陣羽織はオーダーメイド
陣羽織オーダーメイド

戦国浪漫「戦国グッズ」通販
スポンサーリンク


 スポンサーリンク
PAGE TOP