西軍の関ヶ原史跡

小西行長陣跡~セットで訪れる事ができる関ヶ原開戦地近くの史跡

スポンサーリンク


宇土城主で20万石の小西行長は、そもそも徳川家康に接近しており、会津征伐の際には大阪に残留するように命じられていました。
しかし、石田三成が挙兵すると聞くと、それに応じて西軍に加わったのです。

1600年9月15日、関ヶ原の戦いでは6000を率いてこの北天満山の麓に布陣しました。

開戦となると、北天満山から烽火(のろし)をあげて味方に報せ、東軍の田中吉政筒井定次らを相手に奮戦しました。

西軍できちんと戦ったのは、大谷吉継宇喜多秀家、小西行長、石田三成くらいです。

スポンサーリンク


大谷吉継が自刃したと知ると伊吹山の山中に逃げ込んだ小西行長は、9月19日に糠賀部村にて、落人狩りを指揮していた関ヶ原の庄屋・林蔵主に発見されてしまいます。
小西行長は、自分を突き出して褒美をもらうように林蔵主に勧めたとされます。

これに対して林藏主は下記のように言ったといいます。

それでは武士の恥でしょうから、ここで切腹なさいませ

しかし、小西行長はキリシタンであることから自害が許されないのです。
そのため、雑兵の手に掛かるくらいならと名乗り出たと言いました。

小西行長の覚悟に感服した林蔵主は、関ヶ原も治めていた東軍・竹中重門の家臣である伊藤源左衛門・山田杢之丞に相談します。
そして、小西行長を徳川家康が入っていた草津(滋賀県草津市)・村越直吉の陣へと送り届けました。
この時、褒美として黄金10枚を授かったそうです。
その2日後には石田三成が捕まり、その翌日には安国寺恵瓊が捕縛されました。

こうして、10月1日、小西行長は、石田三成・安国寺恵瓊と共に京都の六条河原にて斬首となります。享年46。

イエズス会の史料によると、小西行長の遺骸は、どこかの教会に引き取られたそうですが、埋葬場所などは不明です。

ちなみに、一族と思われる小西清左衛門は関ヶ原で討死。
九州に残った小西長貞(小西若狭守長貞)は、麦島城から宇土城への援軍を率いた際に、加藤清正勢と交戦・敗走し切腹しています。

小西行長の陣跡は、関ヶ原古戦場の「開戦地」の石碑がある柴井地区「西田運動公園」の奥となります。

開戦地石碑のすぐ東に梨木川が流れており、その川の東沿いに公園の無料駐車場(20台)があります。
駐車場の場所は、下記の地図ポイント地点です。

上記の駐車場までの道路は、狭い道もありすれ違いはできませんが、舗装されており、普通自動車であれば問題ありません。

車を止めて、橋を渡ると関ヶ原合戦開戦地の石碑がある公園となります。

その開戦地の石碑を見学したあとに、そのまま公園の中を「北」へと歩きますと、山肌の下に「小西行長の陣跡」の石碑が建っています。

石碑が実際にある正確な場所は、当方のオリジナル地図であるGoogleマップにてご確認賜りますと幸いです。

駐車場に車を止めて、決戦地と小西行長の両方を見て、観光所要時間は約10分といったところです。

下記の写真に写っている山は伊吹山方面でして、小西行長や宇喜多秀家が逃げ込んだ方角となります。

関ヶ原の戦い「開戦地」~関ヶ原の戦いが始まった史跡へ行こう
宇喜多秀家陣跡(南天満山・天満神社)~西軍最大勢力を動員するも最後は八丈島に?
小西行長~頭脳派として豊臣秀吉の交渉人を務めた武将
石田三成とは~律儀で算術が得意だった才ある武将の印象も

コメント

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

 
スポンサーリンク




関連記事

  1. 大垣城の歴史と大垣城の戦い~大垣城訪問記
  2. 金屋川原の戦い~南宮山側でも戦闘となった関ヶ原合戦の追撃戦
  3. 関ヶ原の大谷吉継の墓や大谷吉継陣跡など大谷吉継の史跡への行き方
  4. 合戦しないで弁当を食べた吉川広家陣跡はココ~宰相殿の空弁当
  5. 平塚為広と平塚為広碑~名門三浦家の誇りを持って大谷吉継と運命を共…
  6. 長宗我部盛親陣址~九十九坊・栗原連理のサカキにあった陣跡【垂井町…
  7. 島津の退き口~島津の撤退戦と島津豊久の碑【関ヶ原近郊の史跡】
  8. 関ヶ原の戦いが再現されている体験型合戦資料館「関ケ原ウォーランド…

戦国浪漫「戦国グッズ」

実際に鉄板も使用した本物志向「高級」甲冑型の携帯ストラップ
甲冑型ストラップ

戦国浪漫グッズ
戦国武将グッズ

自作甲冑キット新発売
甲冑自作キット

戦国浪漫「戦国グッズ」通販
スポンサーリンク


 スポンサーリンク
PAGE TOP