日本で参戦中/コンフリクト・オブ ・ネイションズ「戦略日誌9」オーストラリア攻略断念

「日本で参戦中/コンフリクト・オブ ・ネイションズ「戦略日誌9」オーストラリア攻略断念」のアイキャッチ画像

スポンサーリンク

コンフリクト・オブ ・ネイションズ 戦略日誌

現代戦における戦略シュミレーションゲームである、コンフリクト・オブ ・ネイションズの「WORLD WAR 3」にて「日本」を選択して参戦中。
現在の獲得領土は台湾・朝鮮半島90%・樺太・香港・ベトナム・カンボジア・タイ・マレーシア・シンガポールをクリアといったところ。

本日の順位

1位 スペイン 980VP
2位↑ポーランド 697VP
3位↑モンゴル 649VP
4位 日本(自分) 599VP
5位↑ボリビア 492VP
6位↑インド 476VP
7位 セルビア 426VP
※64カ国参戦

上記のうちスペイン・ポーランド・モンゴル・インド・セルビアの5カ国は連合を組んでいる。(連合は最大5ヶ国と組める)
自分の日本は、2つの連合からお誘いを受けたが検討中と回答し保留にしており、現段階では単独活動中。
連合を組めるのは、南アメリカやアフリカといった遠い国ばかりしか残ってない。

コンフリクト・オブ ・ネイションズ戦略日誌

また連合に入ると、勝利クリア(1850VP)が人数分必要なので、自分よりも弱い国なので連合を組んでも、日本に有利になるとは思えない。
そのため、現在の状況下では、まだ単独の方が有利かな?と考えている。




スポンサーリンク



ニューカレドニア攻略

インドネシア攻略の勢いでニューカレドニア国(PC)も攻略。
ついでに、海兵隊を駆使してソロモン諸島(PC)と、ニューカレドニア(PC)も占拠してフィジーとニュージーランドへのルートを確保した。

オーストラリア攻略検討

南半球のオーストラリア。
でかすぎるだろ~、これは。
オーストラリアでこれだけ大きいのだから、ロシアなんてもっと広大だ。
無人偵察機も航続距離の限界で、インドネシアからだとオーストラリア全土の事前偵察ができない。
すなわち、北側の沿岸部の都市は偵察できても、南部は不明であり全体像がつかめない。
こうなってくると「空母」が欲しくなるが、資源不足でまだまだ海軍力は高められない。


スポンサーリンク

試しにダーウィンだけ偵察機を飛ばしたら、駆逐艦1、フリゲート艦1と、歩兵が6もいた。
オーストラリアが攻撃を受けるとしたら、北か東からなため、ある程度北側にも兵力を集中させているとしても、このシナリオで歩兵6とまとまった部隊は初めてみた。

こうなってくると、少しはかく乱戦法を取らないといけないので、先にパプアニューギニアに攻めて、ポートモレスビーの都市を確保したいところだ。

ニュージーランド攻略中に無人偵察機を行ける範囲で飛ばしてみる。
その偵察結果、オーストラリア軍の状況がつかめた。

■オーストラリア軍

駆逐艦2、フリゲート艦6
装甲車2、大砲1、歩兵24、武装ヘリ1
以上4都市偵察
未確認2都市あり

上記を見る限り、防衛に徹した戦力と言える。
攻撃に転じるための装備は少ない。
このシナリオで海軍を見たのは、フィリピン海軍の1隻だけであったが、上記の通り少なくとも8隻も確認できた。
航空兵力は後方の基地に置いていると推測できる。
それに対して、日本の南方軍は下記の戦力。

■日本・南方軍

日本艦隊 駆逐艦2、フリゲート艦1、潜水艦1
陸軍師団 戦車2、装甲車3、歩兵10、武装ヘリ2
海兵師団 水陸戦闘車2、海兵隊3
空挺師団 空挺隊3、特殊部隊1
日本空軍 戦闘機2、PC-3哨戒機2

しかも海兵師団や空挺師団、陸軍の半分くらいはニュージーランド攻略中で、消耗も考えられる。
上記以外に別動隊の海兵師団はハワイに向かっている。
燃料は相変わらず乏しい。
いわば、たったこれだけで、マレー半島やインドネシアまで進軍できたのだから、ある意味スゴイとも思えるが、相手が弱かっただけなのであろう。
仮にこの戦力でオーストラリアを攻めるにしても、勝てたとしてもかなりの大損害が予測できる。
せめて、海軍力で上回っていないと厳しい所だ。


スポンサーリンク

敵が残りオーストラリアだけの話であれば良いのだが、強国の連合はアフリカ、北アメリカへとすでに進出している。
そのため、無理はできないと判断し、オーストラリア攻略は断念した。

恐らく、オーストラリアのプレイヤーさんは、防衛に徹しているのだろう。
しかし、気持ちが変わるといけないで、領空侵犯ではないが、たまに、オーストラリアに航空機を接近させて、攻めて来るかもと言う気持ちを植え付けないといけないかな?とも感じる。

ニュージーランド攻略

ニューカレドニアからハワイに向けた海兵隊は、もう少しでハワイ上陸の予定。
アメリカは、スペイン国のプレイヤーさんからズダズダに本国をやられているため、ハワイの防備は薄いと見ている。
ただ、そのスペインは間違いなくアラスカにも進出してくるだろうから、ハワイは言わば「レーダー基地」のよう、敵の接近を察知するための施設と考えている。
できればアラスカも先に占領したいので最小限の部隊を派遣してみた。

なお、オーストラリアは諦めたが、ニュージーランドの攻略に着手した。
とても、遠いので戦車部隊を送るのは辞めにて、海兵隊を突入させ、あとで空港を完成させてから空挺部隊や歩兵を空輸する作戦にした。
しかし、予想よりも全土制圧するのに、ものすごく時間が掛かってしまった。
ある意味、現雑世界においてもニュージーランドは、戦争とはほど遠い国なのかとも思える。

ハワイ攻略

日本人には色々となじみ深いハワイですが、ハワイ上陸は、敵の抵抗はなさそうだ。
そのため、特に書くことが無いと思ったのだが・・・。
以外にも、歩兵が3ユニットもいた。
確か、デフォルトで動かしていないと2ユニットだったと思うので、1つ追加したのかも知れない。
アメリカ大陸のほうは風前の灯火だが、こんな配備をしているのだから、戦略がないプレイヤーさんだったのだとよくわかる。
ニュージーランド攻略よりもだいぶ前に完了した。
さっそく、地上レーダー車両を派遣している。


スポンサーリンク

レーダー部隊を配備する予定だ。
ただし、奪われても良いと割り切り、要塞化するつもりはない。
そんなに予算も資源も無いので、要塞にしたくてもできないと言うのが正確な説明か・・。

ADAK(アダック)・MAKUSHIN(マクシン)占拠

アリューシャン列島にも手を出してみた。
アッツ島・キスカ島はこのゲームでは占領できない小さな島なので、アメリカの先端と言える島「アダック」と「マクシン」と言う島を確保した。
これで、レーダー基地の役割を果たし、マクシンが侵攻を受ければ、スペイン・プレイヤーの接近がわかる。
もちろん、裏をかかれるかも知れないが、これにより、哨戒海域を絞ることができる。

スペイン国との時間の争いもあるが、いちかばちか、アラスカにも特殊部隊を派遣してみた。
遠くて空軍基地がないので、いずれも船旅になる。
日本の本土にて他に送れる部隊はない。
キスカ島上陸と同じように、隠密行動のようなものだ。

ともあれ、モンゴルとインドが東に転じてこない今は、とても「安定」している時期だ。
今のうちに不足している海軍と空軍の整備を進めていきたい。
当面、来る日に備えて空軍力・海軍力を強化することになりそうだ。




スポンサーリンク



アラスカ攻略

南のオーストラリアは諦め、西は完全にモンゴルとインドに塞がれていて、もうあと手を出すのはカナダ方面しか残っていない状況。
しかも、スペイんがアメリカのほとんどを制覇しつつあるため、その侵攻を察知できるようにアラスカの確保を目指した。
ハワイに上陸した海兵隊をアラスカに向かわせて確保。
そして、カナダもすぐにスペインとのプレイヤーさんに飲み込まれるだろうと、先にカナダにも歩兵1だけで侵攻することにした。

ニュージーランドやフィジーも攻略して下記の通り、オセアニアの南半球ではオーストラリア以外は確保した。

コンフリクト・オブ ・ネイションズ

もう、周りは強敵だらけで、戦線的には、もう弱い攻め所が残ってない状態になりつつある。
それではまた明日。

コンフリクト・オブ ・ネイションズ「戦略日誌8」フィリピンから広いインドネシアへ
コンフリクト・オブ ・ネイションズ「戦略日誌10」大攻勢を受ける
コンフリクト・オブ ・ネイションズ「初心者攻略法」(随時更新)