東軍の関ヶ原史跡

山内一豊陣跡~出世松がそびえる旧中山道沿いの陣跡【関ヶ原の史跡】

スポンサーリンク


山内一豊陣跡は、徳川家康が最初に本陣を置いた「桃配山」からもほど近い、旧中山道沿いにあります。
この旧中山道、ちょっと古い集落も街道沿いに残っており、非常に趣がありますので、自転車や徒歩でゆっくりと訪ねて見たくなるところです。

山内一豊の陣跡がある場所には、大きな松の木がそびえ立っています。
この付近に2000を率いて布陣しました。

スポンサーリンク


山内一豊(やまうち-かずとよ)は、徳川家康の会津征伐に従っていましたが、小山評定の前日に、正室・山内千代から書簡が届きました。
「開封しないで家康公に届けるように」と書いてあり、そのまま差し出すと、書状には増田長盛長束正家から、西軍への加勢願いと大坂の詳しい状況が記されていたと言います。

そして、徳川家康が小山評定にて、上杉景勝攻めを中止し、改めて西へと転じた際に、その通り道の東海道沿いとなる居城・掛川城を、真っ先に城を徳川家康に提供し、率先して人質も徳川家に差し出しました。
この「城の提供」と言うのは、城を差し出す、すなわち「城を徳川家康にあげるので、自由に使ってください」と言う意味となります。
そして、東海道沿いの諸将も、妻子を大坂で人質に取られているなか、山内一豊に習って、それぞれ城を提供しています。
仮に東海道の城が1つでも西軍についたとすると、徳川勢は西に向かう途中、一戦を交える必要もあったでしょうから、徳川家康が感謝したのは間違いないでしょう。

関ヶ原の戦いが始まると、南宮山毛利秀元らが動かなかったため、徳川家康の命を受けて、有馬豊氏・蜂須賀至鎮と共に柴井(関ヶ原中学校付近)に前進して、戦闘に加わったようです。

こうして、約6万石だった山内一豊は、高知城主20万石へと出世したのでした。
そのため、山内一豊の陣跡に立つ大きな松の木は「出世松」として知られるそうです。

さて、山内一豊の陣があった場所ですが、下記の地図ポイント地点となります。
地図は縮尺を変えてご確認願います。

公式な駐車場ではないようですが、東隣に大きな駐車場(空き地?)があり、出入りできましたので、短時間だけ駐車させて頂きました。

やまびこ路さんの資料室

関ヶ原から帰ったあとに知る事になったのですが、国道21号沿いにある、うどん・そば・和食の店「やまびこ路」さんは、浦が山内一豊陣跡と言う事で、なんとオーナーさんが自ら作った「資料館」が見学自由とのことです。

店内にも鎧や関ヶ原の戦いに関する歴史本などが置いてあり、歴女の方もたくさん訪れているらしいです。
名物は「天下分け麺」と言う事らしく、また、この「やまびこ路」さんに車を止めて、食事をしつつ、お店から山内一豊の陣へ繋がる道を経て、陣跡も見学できるとの事です。
この通路もオーナーさんが手作りしたとの事。

今度、関ヶ原を再訪した際には、是非、食事をさせて頂こうと存じております。

やまびこ路さんの場所は下記の地図ポイント地点となります。

営業時間は10時~17時(土日祝は21時まで)
火曜日定休との事ですが、変更になる場合もあるかと存じますので、最新情報にご留意願います。

山内一豊とは~秀吉家臣として活躍し土佐・高知城主まで出世した戦国大名
千代(まつ、見性院)と千代の生家である若宮家屋敷跡~山内一豊の正室
関ヶ原の史跡を周る計画を立てよう~徒歩・サイクル自転車・自動車(クルマ)
徳川家康最初陣跡~桃配山に布陣した徳川本陣跡【関ヶ原の史跡】
徳川家康がなぜ天下を取れたのかを検証「人財智生」
高知城の歴史と築城の名手である百々綱家とは~高知城の見どころ
関ヶ原史跡「実用Googleマップ」~観光のお供に便利な地図

コメント

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

 
スポンサーリンク




関連記事

  1. 奥平貞治の墓~関ヶ原合戦の折り東軍で命を落とした唯一と言って良い…
  2. 藤堂高虎・京極高知陣地~京極高知と関ヶ原合戦史跡
  3. 金屋川原の戦い~南宮山側でも戦闘となった関ヶ原合戦の追撃戦
  4. 岡山烽火場(丸山)黒田長政・竹中重門の陣跡~関ヶ原がキレイに見え…
  5. 関ヶ原古戦場の決戦地碑~関ヶ原合戦の激戦地となった場所
  6. 関ヶ原の戦いが再現されている体験型合戦資料館「関ケ原ウォーランド…
  7. 杭瀬川の戦いと「勝山」~岡山本陣跡の訪問記
  8. 徳川家康最後陣跡~陣場野・床几場【関ヶ原の史跡】

戦国浪漫「戦国グッズ」

実際に鉄板も使用した本物志向「高級」甲冑型の携帯ストラップ
甲冑型ストラップ

戦国浪漫グッズ
戦国武将グッズ

自作甲冑キット新発売
甲冑自作キット

戦国浪漫「戦国グッズ」通販
スポンサーリンク


 スポンサーリンク
PAGE TOP