西軍の関ヶ原史跡

島津の退き口~島津の撤退戦と島津豊久の碑【関ヶ原近郊の史跡】

スポンサーリンク


関ヶ原の戦いの際、島津家の島津義弘は、そもそも徳川家康からの要請を受けて1000にて大阪から、まずは鳥居元忠が籠城する伏見城へ徳川の援軍として駆けつけました。
しかし、鳥居元忠が島津家に援軍要請したことを聞いていないとして、鉄砲まで撃たれて入城を拒否した為、伏見城に押し寄せた石田三成ら西軍40000の中で孤立します。

西軍の4万は、宇喜多秀家小早川秀秋毛利秀元吉川広家小西行長長宗我部盛親長束正家鍋島勝茂大谷吉継らそうそうたるメンバーです。
そのため、島津義弘は西軍に味方する決意し、関ヶ原の戦いにも挑みました。

島津勢には、島津義弘らを慕った国許の兵が、陸路で続々と加勢するために駆けつけたようで3000にまでなっていたとも?言われています。
しかし、島津義弘は、激戦となる関ヶ原の合戦の火蓋が切られても、当初は兵を動かさなかったとされています。
石田三成が本陣を置く笹尾山からの使者として八十島助左衛門がやってきて、これから石田勢が出陣するので島津義弘にも続いてほしいと要請します。
島津義弘は「承った」と回答しますが動かず、再度、八十島助左衛門が訪れると「陪臣の八十島が下馬せず救援を依頼した」として、島津義弘や甥・島津豊久は無礼だと追い返したともされています。
しかし、松平忠吉井伊直政らが攻め込んで来たため、やむを得ず島津義弘らは交戦状態となったようです。

島津義弘陣跡(島津惟新陣跡)~防戦に徹した島津勢?【関ヶ原の史跡】

スポンサーリンク


島津の退き口

ところが、小早川秀秋らの寝返りにより、石田三成ら西軍の敗走が濃厚となります。
この時、勇猛果敢にも島津勢は東軍に引けを取らない戦いぶりをするも、兵士数は300まで減ったとする説もあります。
島津義弘は「5000の島津兵であれば勝てた」と何度も口走ったと言われています。

次々に敗走する西軍を尻目に、敵(東軍)の中で「孤立」した島津義弘は自刃を覚悟しますが、島津豊久が必死に説得したともされています。
そして、島津勢は正面の敵8000を突いて、伊勢街道から撤退すると言う「敵中突破」を試みます。
関ヶ原から後方の佐和山城方面に逃げず、前方の敵に向かって突撃して逃走したのは、もちろん、この島津勢だけです。

壊滅していた宇喜多勢・小西勢の残兵が島津勢を頼って向かって来ても、鉄砲を向けて追い払い、徳川勢へと突撃を開始しました。
この時、少しでも身軽となるよう、島津勢は旗指物・合印などを捨てて、決死の撤退戦を演じたのです。

何も、無理して敵陣突破せずに、後方へ退却した方が安全である可能性は高かったはずです。
しかし、あえて、敵陣の中央突破を図ったのには、合戦そのものは敗戦濃厚となりましたが、それは島津家が敗因の理由では無いですし、そもそもは徳川家の為に参じています。
そのため、島津の武勇・誇り・意地まで捨てて、後方に逃れるのを嫌ったものと、現地を訪れて私は推測致しました。
この状況で背中を見せて撤退すれば、島津もオメオメと逃げたと言われてしまいますしね。
ただし、敵陣突破する以上、島津勢も決死の覚悟だったのは間違えないでしょう。

それを悟ったのか?、突撃を受けた福島正則は無理な反撃をしないよう家臣に命じたとされます。
しかし、養子の福島正之(正室は徳川家康の養女・満天姫)は、先陣の島津豊久と交戦しました。
下記は関ヶ原ウォーランドの島津豊久です。

ちなみに、島津勢は、当初、徳川家康の本陣をめがけて突撃しますが、途中で方向を変えて、伊勢街道(現在の関ヶ原ICの方向)へ向かったとされます。
しかし、これは伊勢街道へ抜ける為に進んだところ、徳川家康の本陣へ最初突撃するような形に見えたと言うのが、現地を訪れて感じた率直な感想です。
この方法以外に、素早く伊勢街道へと向かう手段はありません。

しかし、島津勢の動きを見た徳川家康は、井伊直政、本多忠勝、松平忠吉らに命じて追撃させますが、この時、井伊直政も重傷を負い、松平忠吉も負傷しています。
本多忠勝も三国黒と言う愛馬が鉄砲で撃たれ落馬しましたが、本多忠勝自身は無事でした。
それくらい、島津勢は激しい抵抗をしたと言う事ですが、ちなみに、井伊直政は2年後に死去します。
この時の鉄砲傷が元で亡くなったとされています。

捨てがまり

伊勢街道を撤退する島津勢は「捨てがまり」(捨て奸、すてかまり、座禅陣)と言う戦法を取りました。
これは、退却する際に、殿(しんがり)の数名が、その場に留まって押し寄せて来る敵を足止めして時間を稼ぎ、その間に他の部隊を逃すと言う作戦です。

数人ずつの鉄砲を持った兵を「あぐら」をかいて座って待ちかまえ、追ってきた敵の指揮官をまず狙撃。
そして、槍に持ち替えて、討死覚悟で敵中へと突撃するものであったと伝わります。
そのため、別名・座禅陣(あぐらじん)とも呼ばれますが、この「射撃」によって、井伊直政らは負傷したと言う事ですので、島津兵は高い射撃能力があったようです。
ちなみに、井伊直政を狙撃したのは柏木源藤と伝わります。

当然、留まって敵を足止めした将兵らは命を落とすと言う、多くの犠牲を伴う捨て身の作戦ですが、この戦法を何度も用いて、島津義弘を逃しました。

この島津の退き口と呼ばれる退却戦は、全国にその武勇伝として知れ渡ったのは言うまでもありません。

しかし、島津家の家老・長寿院盛淳が討死。
また、勇猛果敢にもこの大役を引き受けた島津豊久も、若干30歳の若さで討死しました。

その後の島津勢と小返しの五本鑓

なお、退却戦にて下馬して踏みとどまり奮戦した、川上忠兄、川上久智、川上久林、押川公近、久保之盛は無事に帰国していますが、その武勇を「小返しの五本鑓」(こがえしのごほんやり)と称されております。

無事に関ヶ原から逃れた島津義弘らは無一文でしたが、大和の平等寺にて約70日間、11月28日まで世話になり、また援助を受けて、難波から船で薩摩へと無事帰国しました。
しかし、再び薩摩の地を踏めたのは、僅か80名程度だったと伝わります。
※単独で帰国した兵もいたようなので、生き残りはもう少し多かったようです。

なお、大和に長期滞在したのは、大坂で人質となっていた妻子らを救出するためだったともされており、実際に島津義弘は愛妻家だったともあります。
摂津・住吉に逃れていた妻を救出してから、立花宗茂らと合流し、助けを借りて薩摩に戻ったのでした。

この立花宗茂の父(養父)・立花道雪と島津家は、九州で長年争った、いわば敵同士でした。
しかも、船で一緒に九州に戻る際、島津義弘の兵はほとんどいませんでしたので、立花家の家臣らは首を狙ったと言います。
しかし、立花宗茂は「敗軍を討つのは武家の名折れ」として、むしろ島津義弘の護衛を申し出でたとされています。
これに恩義を感じた島津義弘は薩摩に戻ると、東軍に囲まれた立花宗茂の柳川城を救援のために、頼まれてもいないのに、すぐに兵を出したほどです。

島津豊久の碑

名神高速の関ヶ原ICより南側となる、伊勢街道の烏頭坂(うとうざか)と呼ばれる場所にあり、大正に入って公爵・島津忠重(第30代・島津家当主)などが、ここに島津豊久の碑を建立したようです。
現時点での住所では大垣市上石津町牧田となります。
どうも、近隣との合併失敗したようで大垣市と「飛び地合併」となってしまっており、あまりよろしくないです。

島津豊久の碑の場所は下記の地図ポイント地点となります。
地図は縮尺を変えてご覧願います。

現地に行くと道路脇に「解説板」が立っていますので、目印になります。

その道路脇から小道があり、上段に上がると小さな広場になっており、奥の方に石碑があります。

駐車場はありませんが、路肩にちょっと広い部分があり、数分の短時間だけ止めさせて頂きました。
ただし、カーブで見通しが悪い坂道ですので、安全にはどうかご配慮願いたく存じます。

かつては、ここが島津豊久の墓とされていましたが、現在では上石津町上多良にある島津塚が島津豊久の墓と考えられるようになっています。
ちなみに国道365号は別名「薩摩カイゴウズ街道」と呼ばれています。

なお、島津豊久の次には、家老の阿多長寿院盛淳が「捨てがまり」を実施したようで、上石津町牧田支所の近くにある琳光寺境内に墓があります。


本物志向の高級ストラップ「島津家の家紋入り・甲冑型」も通販あります。

島津義弘陣跡(島津惟新陣跡)~防戦に徹した島津勢?【関ヶ原の史跡】
阿多長寿院盛淳の墓と蒲生10名の墓【関ヶ原近郊の史跡】
島津豊久とは~軍法戦術に妙を得たりと評された名将が眠る島津豊久の墓
松平忠吉とは~井伊直政と共に関ヶ原の火蓋を切るも
徳川家康最後陣跡~陣場野・床几場【関ヶ原の史跡】
本多忠勝の陣跡~軍監として関ヶ原の戦いに参じるもバズ抜けた働き【関ヶ原の史跡】
島津義弘~数々の武勇を残すも実直であった文武両道の猛将
中馬重方とは~島津義弘に信頼された猛将も関ケ原に参戦
1分でわかる「関ヶ原の戦い」
本多忠勝~名槍が似合う豪将・徳川四天王
井伊直政~井伊の赤鬼の異名を誇る徳川四天王
関ヶ原史跡「実用Googleマップ」~観光のお供に便利な地図
石田三成とは~律儀で算術が得意だった才ある武将の印象も
八十島助左衛門とは~関ケ原で島津家を怒らせてしまった?石田家の家臣
徳川家康がなぜ天下を取れたのかを検証「人財智生」

コメント

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

 
スポンサーリンク




関連記事

  1. 阿多長寿院盛淳の墓と蒲生10名の墓【関ヶ原近郊の史跡】
  2. 池田輝政陣跡~安王・春王の墓と共にある貴重な戦国史跡【垂井町の関…
  3. 浅野幸長陣跡~垂井一里塚がある旧中山道沿いに布陣【垂井町の関ヶ原…
  4. 垂井城跡~平塚為広の居城【垂井町の関ヶ原合戦関連】
  5. 大垣城の歴史と大垣城の戦い~大垣城訪問記
  6. 合戦しないで弁当を食べた吉川広家陣跡はココ~宰相殿の空弁当
  7. 毛利秀元とは~毛利秀元陣跡と安国寺恵瓊の陣跡~なんで南宮山の高所…
  8. 関ヶ原の西首塚~西軍の亡骸を供養した供養塔【関ヶ原の史跡】

戦国浪漫「戦国グッズ」

実際に鉄板も使用した本物志向「高級」甲冑型の携帯ストラップ
甲冑型ストラップ

甲冑型ストラップ

甲冑ストラップ

甲冑ストラップ

戦国武将「Tシャツ」や「スウェット」その他もあり
戦国武将シャツ

陣羽織はオーダーメイド
陣羽織オーダーメイド

戦国浪漫「戦国グッズ」通販
スポンサーリンク


 スポンサーリンク
PAGE TOP