脇坂安治とは~ひっそりと森の中にたたずむ脇坂安治の陣跡【関ヶ原の史跡】

「脇坂安治とは~ひっそりと森の中にたたずむ脇坂安治の陣跡【関ヶ原の史跡】」のアイキャッチ画像

脇坂安治(わきざか-やすはる)は、賤ヶ岳の七本槍の1人として活躍したと豊臣秀吉の家臣として知られ、また関ヶ原の戦いでは、朽木元綱小川祐忠赤座直保らと土壇場で寝返った武将として知られます。

脇坂安治は父:脇坂安明(田付孫左衛門が父とも)の子として1554年に近江国浅井郡脇坂庄(長浜市)にて生まれました。
母は田付景治の妹とされます。

最初は浅井長政の家臣でしたが、1573年に小谷城が陥落し滅亡すると、木下藤吉郎(羽柴秀吉)の家臣に加わりたいと懇願したとされており、最初は3石だったと言われます。
この3石と言うのは、武家が最初に雇った際の食禄としては習わしだったようです。

スポンサーリンク


その後、羽柴秀吉もと1576年には安土城の築城では石騒動にて忠義的行動を示したことから、150石となっています。
この石騒動は、普請の為に羽柴秀吉の手勢が運んでいた石を、丹羽長秀の郎党が泥棒しようとしたのを防いだと言う事になっています。
大きな城の普請では、少しでも手柄を立てるため、石垣の石も家臣らの間ではこのような「奪い合い」が良くあったようです。

脇坂安治は、その後、脇坂家の家督を継いだとされていますが、1578年1月には命を惜しまず、敵城の黒井城に使者として赴くと、赤井直正に投降を勧めました。
赤井直正は降伏こそは受け入れませんでしたが、その脇坂安治の勇気に、先祖伝来の「貂の皮」を贈ったと言います。
これが、脇坂家の家宝でもある「貂の皮」の由来となっています。
貂の皮(てんのかわ)と言うのは、槍の矛先につける鞘であり、江戸時代での参勤交代では、槍に貂の皮をつけた行列が来ると、誰もが脇坂家の行列だと分かったと言います。
こののち、脇坂安治は500にて、明智光秀の与力を命じられ、黒井城攻めにも参加し、赤井直正を討ち取ったとも?言われています。

1578年の三木城攻めでは、羽柴秀吉より白輪違紋入りの赤母衣を賜り、脇坂家の家紋としました。
また、神吉城攻めでは、兜を鉄砲で撃たれながらも1番乗りを果たしています。
1582年には明石郡30石を加増されたとあります。

脇坂安治の正室は西洞院時当の娘です。

本能寺の変のあと、1583年の賤ヶ岳の戦いでは、佐久間盛政や神部兵左衛生門らを討ち取るなど、福島正則加藤清正らと共に活躍し、賤ヶ岳の七本槍の1人となる功績を称えられ、山城にて3000石となっています。
なお、この時、脇坂安治は30歳で、賤ヶ岳の七本槍としては最年長となりますが、柴田勝政を討ち取ったとする説があります。

徳川家康との小牧・長久手の戦いでは、伊勢・伊賀方面にて、滝川雄利が守備する伊賀・上野城を攻略するなど貢献し、1585年5月、摂津・能勢郡にて1万石となりました。
更に8月には大和・高取城で2万石、10月には淡路・洲本城に入って3万石と、トントン拍子で出世して淡路水軍を指揮下に置いています。

その後は、淡路水軍を率いて、加藤嘉明九鬼嘉隆らと豊臣水軍として活躍し、九州征伐や、小田原攻め、朝鮮出兵などに従軍しました。

九州攻めでは仙石秀久・加藤嘉明・長宗我部元親十河存保ら四国勢とともに出陣し、豊前に到着すると、臼杵城大友宗麟へ兵糧米を海上輸送し、黒田官兵衛(黒田孝高)の指揮のもと戦いました。
そして、薩摩・平佐城を小西行長らと攻撃して陥落させています。

小田原征伐では、九鬼嘉隆・加藤嘉明らと海上から伊豆・下田城への攻撃にも加わり、小田原城が開城した際には、受取りの検使役も務めました。

文禄の役では1500、慶長の役では水軍として1200を動員しており、功績から淡路にて預かっていた太閤蔵入地から、3000石を加増され合計3万3000石となっています。

豊臣秀吉の死後、徳川家康と前田利家が対立すると、脇坂安治は徳川邸に駆けつけ、徳川家康に加担する姿勢を見せています。

上杉景勝の会津征伐へ出陣する際には、次男で嫡子の脇坂安元を徳川家康の元へ参陣させようとしましたが、石田三成らに妨害されて合流できませんでした。

この時、脇坂安治は旧友である山岡景友を通じて、徳川家康に事情を伝え、引き返したことの了解を得る一方、石田三成との戦いに向けて洲本城の防備を固めるように指示を受けてます。

1600年、関ヶ原の戦いでは、石田三成が挙兵した際に、脇坂安治(47歳)は大坂に滞在しており、そのため西軍の真っ只中であったことから、やむなく1000の兵を率いて西軍に組したとされています。

9月15日の本戦前には、藤堂高虎を通じて西軍から東軍に寝返る算段がついていたと考えられます。
脇坂安治と脇坂安元は、東軍と内通しているとの噂があった小早川秀秋の備えとして、朽木元綱、小川祐忠、赤座直保らと共に、松尾山の麓に配置された訳ですが、小早川勢が寝返って大谷吉継を攻撃開始すると、それに乗じて朽木元綱、小川祐忠、赤座直保らと寝返り、平塚為広戸田勝成に壊滅的打撃を与えました。

その後行われた、石田三成の本拠地・佐和山城の戦いにも参陣しています。
同じく寝返った朽木元綱、小川祐忠、赤座直保とは異なり、戦前から徳川家康にきちんと連絡していたことから、裏切り者ではなく、最初から東軍の味方と見なされ、所領を安堵されています。

1609年9月には、伊予・大洲藩5万3500石に加増移封され、大洲城主となりました。

大洲城

1614年、大坂の陣において脇坂安治は参陣しませんでしたが、大坂冬の陣では次男・脇坂安元が徳川勢として八丁目口を守備し藤堂高虎の指揮下に入りました。
大坂夏の陣では土井利勝と共に次男・脇坂安元が天王寺付近にて戦功を挙げています。

1615年、脇坂安治は次男・脇坂安元に家督を譲って隠居しました。

その後、京都に赴くと西洞院に居住し、剃髪すると臨松院と号しました。

1626年8月6日に京都で死去。享年73。

脇坂家は外様大名であり、子の脇坂安元には男子が生れませんでした。
しかし、子がいないことをうまく利用し、譜代大名で老中の堀田正盛から、養子をもらい受け、その結果、脇坂家は外様から「願譜代」(準譜代)となっています。

こうして、飯田藩、龍野藩51000石と移封はあったものの、のちには正式な譜代大名とされ、脇坂家は幕末まで続きました。

ちなみに、赤穂浪士で有名な赤穂城接収の際には、脇坂安照が上使を務め、約1年6ヶ月、赤穂城の在番を無事に務めています。

最近では医師・タレントとして活躍していた脇坂英理子(わきさかえりこ)容疑者が、2016年3月9日に診療報酬の不正請求の疑いで逮捕された事でも話題となった脇坂家です。

関ヶ原の脇坂安治陣跡

関ヶ原の戦いの際に、脇坂安治が陣を置いた場所は、史跡として石碑が建っています。

関ヶ原の脇坂安治の陣跡

脇坂安治陣跡は森の中で、手前の道は大変細く、しかも未舗装です。
大きな車は入れませんが、軽自動車程度でしたら、史跡の場所で方向転換も可能ですが、どうぞ自己責任にてお願い申し上げます。

下記の地図ポイント地点が脇坂安治陣跡となります。
地図を縮小するなどして、良くご確認の上、ご訪問願います。

また、近くには松尾山(小早川秀秋陣跡)への登り口もありますので、お時間があればセットでどうぞ。
下記のオリジナルGoogleマップもご参照賜りますと幸いです。

[clink url=”https://sekigaharamap.com/googlemap/”]

松尾山の小早川秀秋陣跡~登山道と駐車場の紹介【関ヶ原の史跡】
平塚為広碑~名門三浦家の誇りを持って大谷吉継と運命を共に【関ヶ原の史跡】
戸田勝成(戸田重政)の武勇とその関ヶ原での最後
平野長泰~七本槍の勇名を馳せるもその生涯は?
下田城と清水康英【下田城の戦い】北条水軍対豊臣水軍
大洲城~四重四層の復元天守で蘇った伊予の名城(地蔵ヶ嶽城)
脇坂安董~江戸の知恵頭と称された老中(江戸時代)
小川祐忠とは~関ヶ原のあと相模・津久井に移り住んだのか?【関ヶ原の寝返り武将】
朽木元綱とは~織田信長の退却を助けた湖西の朽木領主
赤座直保とは~東軍に寝返るも事前通告していなかった為所領没収となる

 

この記事を書いた人

A

A

(株)TOLEDO、高田哲哉と申します。
20年以上戦国武将などの歴史上の人物を調査・研究しております。
自慢できるものはありませんが、資格は史跡訪問のための国内旅行地理検定2級、水軍研究のための小型船舶操縦士1級など。

投稿者の記事一覧

コメント(6件)

  • […]  大谷吉継勢は平塚為広・戸田勝成らが奮戦したが、同じく東軍に寝返った脇坂安治・朽木元綱・小川祐忠・赤座直保らの攻撃もあり、大谷勢は壊滅。  これにより西軍は敗走し、石田三成は大坂を目指し伊吹山中へ逃亡した。 […]

     
  • […] 2016年 4月 20日 トラックバック:脇坂安治とは~ひっそりと森の中にたたずむ脇坂安治の陣跡【関ヶ原の史跡】 | 関ヶ原観光スポット […]

     
  • […] このまま西軍に味方しようか、約束通り東軍に寝返るか、決め兼ねていた小早川秀秋は、戦いに参加せず見守る。 そんな姿にしびれを切らした徳川家康は、昼過ぎになって小早川秀秋の陣に目がけて大砲を撃ち掛けた。 「徳川家康が怒っている」として、小早川秀秋は、西軍を裏切って隣の大谷吉継らの陣に突撃を開始。 そして、調略を受けていた脇坂安治、朽木元綱、小川祐忠、赤座直保、吉川広家らも西軍を裏切って、東軍として戦いに参加した。 こうして、西軍は総崩れとなり、双方合わせて6000~8000人の戦死者を出した関ヶ原の戦いは、徳川家康勢の大勝利となったのである。 […]

     
  • […] その後、1609年には淡路・洲本城から脇坂安治が大洲城へ入り、この2人によって天守などの建造物が造営されたようです。 1617年、脇坂安治が飯田城主となり移ると、米子から6万石で加 […]

     
  • […]  九鬼嘉隆(鳥羽城主、1500)、加藤嘉明(知志城主、600)、菅達長(淡路の客将、230)、脇坂安治(洲本城主、1300)、来島通総(来島城主、500)、長宗我部元親(岡豊城主、2500)、羽柴秀長(大和郡山城主、1500)、宇喜多秀家(岡山城主、1000)、毛利輝元(安芸・吉田城主、毛利水軍5000)、徳川家康勢数千。  長宗我部元親の家臣・池六右衛門などは、18端帆で200挺艪、さらに大砲2門、鉄砲200挺を装備した大型の安宅船も用意していた。 […]

     
  • […] 1582年6月、織田信長が本能寺の変で死去。その直後は伊勢の織田信雄に従ったが、のち羽柴秀吉に臣従した。 1583年9月から始まった大阪城普請では、九鬼嘉隆が石垣用の巨石の船運搬を担当。また、相当量の石垣を1585年の鳥羽城補強に流用している。 1584年の小牧・長久手の戦いでは豊臣勢として滝川一益と共に参戦。6月15日、滝川一益と九鬼嘉隆は尾張・大野城を攻撃したが、救援に来た井伊直政の抵抗を受け蟹江城に退却。翌日6月16日には小浜景隆率いる徳川勢に蟹江城も攻められて滝川一益はのちに降伏。九鬼嘉隆は射撃の名手・村田七太夫に助けられ、なんとか海上に脱出し田城に帰還している。 1584年11月23日、九鬼本家の当主だった九鬼澄隆が田城で死去。病死とされているが、前述した通り九鬼嘉隆が本家家督を正式に得る為、九鬼澄隆を毒殺したと言う説や、1582年に九鬼澄隆が早朝に田城近くの河内川で顔を洗っている時、背後から何者かに斬られたとされる説もある。 1585年には、羽柴秀吉の計らいで従五位下・大隅守に叙位・任官している。そして、答志郡鳥羽の地を本拠地と定め、1585年に鳥羽城の築城に着手。田城の石組みの一部も鳥羽城に移されたと言う。 1585年に豊臣秀吉が根来衆・雑賀衆を攻めた際には、水軍の総大将に命ぜられている。 1587年、豊臣秀吉の九州征伐にも参陣。 1588年、豊臣秀吉は海賊禁止令三ヶ条を出し、海賊行為や海上交通の支配を独自に行う事を禁じたが、鳥羽湾の通行支配権だけは九鬼氏に認めていたようだが、結果的に海上戦闘を得意とする村上水軍などは勢力を弱め全体的には日本の水軍力が低下。豊臣秀吉はのちの朝鮮出兵が失敗する布石を敷いたようなものであった。 1590年3月、豊臣氏にまだ従わない相模・北条氏の水軍本拠地である伊豆・下田城を攻撃。豊臣勢の水軍は長宗我部元親、脇坂安治、九鬼嘉隆ら約10000。対する下田城篭城兵は城主・清水康英、雲見の高橋氏や妻良の村田氏など600。 豊臣勢は下田城の副将・江戸朝忠を討ち取るなどしたが抵抗にあい包囲は約2ヶ月に及ぶ。ようやく下田城が降伏勧告に応じたのは4月23日であった。 下田城開城後、豊臣勢の水軍は小田原城を海上より封鎖する作戦に向かっている。 […]

     

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください