上田原の戦い~武田信玄と村上義清の上田原古戦場跡

諏訪・信州 城攻め紀行 2-3 荒砥城 からの続きです。素晴らしい復元建物と素晴らしい景観だった「荒砥城」をあとにして、千曲川の南側を上田方面に進み、上田原の戦いが行われた「上田原合戦場跡」を目指しました。付近に「上田古戦場公園…

木崎原の戦い~釣り野伏せ戦法と島津義弘と伊東家の総大将「伊東祐安」

3分でわかる高橋元種~延岡城を築いた初代の延岡藩主

根白坂の戦い~島津家の降伏を決定づけた夜襲と強固な豊臣勢の守備

手取川の戦い~手取川はこんなところでしたが上杉謙信は強かったのか?

脇坂安治とは~ひっそりと森の中にたたずむ脇坂安治の陣跡【関ヶ原の史跡】

脇坂安治(わきざか-やすはる)は、賤ヶ岳の七本槍の1人として活躍したと豊臣秀吉の家臣として知られ、また関ヶ原の戦いでは、朽木元綱、小川祐忠、赤座直保らと土壇場で寝返った武将として知られます。脇坂安治は父:脇坂安明(田付孫左衛門が…

合戦しないで弁当を食べた吉川広家陣跡はココ~宰相殿の空弁当

平塚為広と平塚為広碑~名門三浦家の誇りを持って大谷吉継と運命を共に【関ヶ原の史跡】

関ヶ原の西首塚~西軍の亡骸を供養した供養塔【関ヶ原の史跡】

島津の退き口~島津の撤退戦と島津豊久の碑【関ヶ原近郊の史跡】

浅野幸長陣跡~垂井一里塚がある旧中山道沿いに布陣【垂井町の関ヶ原合戦史跡】

浅野幸長(あさの-よしなが)は、甲府城主21万石で、父・浅野長政より既に家督を譲られていました。ちなみに、父・浅野長政は前田利長と共に、徳川家康暗殺の嫌疑を掛けられて、自ら謹慎中でした。しかし、徳川秀忠に帯同することを許され、真…

藤堂高虎・京極高知陣地~京極高知と関ヶ原合戦史跡

徳川家康最後陣跡~陣場野・床几場【関ヶ原の史跡】

細川忠興陣跡~越中頭成兜を被り関ヶ原で奮闘

東首塚と井伊直政・松平忠吉陣跡【駅からも近い関ヶ原の史跡…

訪問しておきたい史跡

垂井町・養老町の関ヶ原合戦関係

長宗我部盛親陣址~九十九坊・栗原連理のサカキにあった陣跡…

長宗我部盛親の陣跡(長宗我部盛親陣址)は、垂井町栗原にあります。約6000の兵にて栗原山麓に陣を置きました。長宗我部盛親は、長宗我部元親の4男となります。長宗我部元親は1599年5月に死去…

関ヶ原お勧め史跡

竹中氏陣屋と岩手城~破却を免れた立派な櫓門と水堀がある竹中家先祖伝来の地

竹中氏陣屋(たけなかしじんや)は、垂井町岩手にある竹中家の先祖伝来の地です。戦国時代には「岩手城…

浅野幸長陣跡~垂井一里塚がある旧中山道沿いに布陣【垂井町の関ヶ原合戦史跡】

浅野幸長(あさの-よしなが)は、甲府城主21万石で、父・浅野長政より既に家督を譲られていました。…

徳川家康最後陣跡~陣場野・床几場【関ヶ原の史跡】

関ヶ原の戦いにて、徳川家康が最後に本陣を置いた場所は、現在、陣場野公園となっており、その公園の「北西…

島津勢ゆかりの史跡

その他オススメ

スポンサーリンク


PAGE TOP