御館の乱 上杉謙信死後の壮絶な跡継ぎ争いと上杉景虎(北条三郎)

1578年、上杉謙信が急死したあと、上杉家の後継者を争ったのが「御館の乱」(おたてのらん)となります。抜群のカリスマで家臣らを統率してきた上杉謙信が、春日山城の厠で倒れて昏睡状態となり、1578年3月13日に急死します。上杉謙信…

備中高松城の戦い 備中高松城の水攻め 蛙ヶ鼻築堤跡

上田原の戦い~武田信玄と村上義清の上田原古戦場跡

木崎原の戦い~釣り野伏せ戦法と島津義弘と伊東家の総大将「伊東祐安」

3分でわかる高橋元種~延岡城を築いた初代の延岡藩主

長宗我部盛親陣址~九十九坊・栗原連理のサカキにあった陣跡【垂井町の関ヶ原合戦史跡】

長宗我部盛親の陣跡(長宗我部盛親陣址)は、垂井町栗原にあります。約6000の兵にて栗原山麓に陣を置きました。長宗我部盛親は、長宗我部元親の4男となります。長宗我部元親は1599年5月に死去しており、その後を長宗我部盛親が継いでい…

宇喜多秀家陣跡(南天満山・天満神社)~西軍最大勢力を動員するも最後は八丈島に?

合戦しないで弁当を食べた吉川広家陣跡はココ~宰相殿の空弁当

関ヶ原の西首塚~西軍の亡骸を供養した供養塔【関ヶ原の史跡】

脇坂安治とは~ひっそりと森の中にたたずむ脇坂安治の陣跡【関ヶ原の史跡】

岡山烽火場(丸山)黒田長政・竹中重門の陣跡~関ヶ原がキレイに見える展望地

国指定史跡の岡山烽火場(丸山)は、黒田長政と竹中重門が陣を置いた小高い丘です。良い場所は先に西軍が布陣してしまいましたのでね、東軍で小高い場所に陣を置けたのは、徳川家康の桃配山と、ここ岡山(丸山)くらいです。と言う事で、東軍の陣…

藤堂高虎・京極高知陣地~京極高知と関ヶ原合戦史跡

細川忠興陣跡~越中頭成兜を被り関ヶ原で奮闘

本多忠勝の陣跡~軍監として関ヶ原の戦いに参じるもバズ抜け…

金屋川原の戦い~南宮山側でも戦闘となった関ヶ原合戦の追撃…

訪問しておきたい史跡

垂井町・養老町の関ヶ原合戦関係

池田輝政陣跡~安王・春王の墓と共にある貴重な戦国史跡【垂…

池田輝政は三河・吉田城主15万2000石で、正室は徳川家康の娘・督姫です。吉田城も督姫も、豊臣秀吉のお蔭と言う事ですが、石田三成と対立し、関ヶ原の戦いでは徳川家康に従いました。岐阜城攻めで…

関ヶ原お勧め史跡

関ヶ原古戦場の決戦地碑~関ヶ原合戦の激戦地となった場所

関ヶ原の戦いは、東軍・西軍合わせて15万とも言われる、規模の大きな合戦でした。簡単に申し上げます…

関ヶ原の戦い「開戦地」~関ヶ原の戦いが始まった史跡へ行こう

1600年9月15日の朝、前日夜の雨により、関ヶ原一帯は濃い霧に包まれていましたが、朝8時頃になると…

竹中氏陣屋と岩手城~破却を免れた立派な櫓門と水堀がある竹中家先祖伝来の地

竹中氏陣屋(たけなかしじんや)は、垂井町岩手にある竹中家の先祖伝来の地です。戦国時代には「岩手城…

島津勢ゆかりの史跡

その他オススメ

スポンサーリンク


PAGE TOP