樫井の戦い

樫井の戦い(大坂夏の陣) お菊の悲しい運命となった紀州一揆

樫井の戦い(かしいのたたかい)は、1615年、大坂夏の陣の際に発生した合戦のひとつで、豊臣勢の塙団右衛門(塙直之)や淡輪重政が討死した戦いでした。樫井と言う場所は、大阪府泉佐野市にある紀州街道の古い集落になっているところです。す…

石田三成

石田三成公の人物像を物語る お茶との逸話

田辺城の戦い

田辺城の戦い 細川幽斎の器量にて負け戦を勝ち戦に

清洲城

3分でわかる織田信長とは~テスト対策にもなるポイント

根本氏

デヴィ夫人のご先祖様は関ケ原の戦いのあと武士を辞めた根本氏の一族か?

平塚為広と平塚為広碑~名門三浦家の誇りを持って大谷吉継と運命を共に【関ヶ原の史跡】

関ヶ原の戦いの際、大谷吉継陣跡よりも、敵の東軍を先だって迎え撃つような形で布陣したのが、平塚為広(ひらつか-ためひろ)です。平塚家は、相模・岡崎城を本拠地にもした、もともと相模の名門・三浦氏の氏族で、三浦為高が平塚郷(神奈川県平塚市…

長束正家陣跡への行き方~なぜ南宮山の関ヶ原西軍は動かなかったのか?

関ヶ原の大谷吉継の墓や大谷吉継陣跡など大谷吉継の史跡への行き方

長宗我部盛親陣址~九十九坊・栗原連理のサカキにあった陣跡【垂井町の関ヶ原合戦史跡】

島津義弘陣跡(島津惟新陣跡)~防戦に徹した島津勢?【関ヶ原の史跡】

徳川家康最初陣跡~桃配山に布陣した徳川本陣跡【関ヶ原の史跡】

関ヶ原の戦いの際に、徳川家康が最初に本陣を置いた場所は「桃配山」となります。現在、桃配山(ももくばりやま)にある「徳川家康最初陣跡」は国史跡に指定されており、国道21号沿いの階段を登って2分ほどの山腹にあります。1600年9…

お茶屋屋敷~関ヶ原で勝利した徳川家将軍専用の宿泊施設は6…

徳川家康最後陣跡~陣場野・床几場【関ヶ原の史跡】

岡山烽火場(丸山)黒田長政・竹中重門の陣跡~関ヶ原がキレ…

杭瀬川の戦いと「勝山」~岡山本陣跡の訪問記

訪問しておきたい史跡

垂井町・養老町の関ヶ原合戦関係

浅野幸長陣跡~垂井一里塚がある旧中山道沿いに布陣【垂井町…

浅野幸長(あさの-よしなが)は、甲府城主21万石で、父・浅野長政より既に家督を譲られていました。ちなみに、父・浅野長政は前田利長と共に、徳川家康暗殺の嫌疑を掛けられて、自ら謹慎中でした。し…

関ヶ原お勧め史跡

笹尾山「石田三成陣跡」(島左近陣跡、蒲生郷舎陣跡)~石田三成の夢

他の関ヶ原の史跡は、かつて陣地があった事を示すような「石碑」だけが概ね建っているのですが、ココの笹尾…

竹中氏陣屋と岩手城~破却を免れた立派な櫓門と水堀がある竹中家先祖伝来の地

竹中氏陣屋(たけなかしじんや)は、垂井町岩手にある竹中家の先祖伝来の地です。戦国時代には「岩手城…

福島正則陣跡(春日神社)~関ヶ原の戦いを見届けた「月見の宮大杉」

関ヶ原の戦いの際の、福島正則の陣跡は、松尾・春日神社の境内にあります。福島正則は、加藤清正、…

島津勢ゆかりの史跡

その他オススメ

  1. 亭主関白
スポンサーリンク


PAGE TOP