木崎原の戦い~釣り野伏せ戦法と島津義弘と伊東家の総大将「伊東祐安」

木崎原の戦い(きざきばるのたたかい)は、1572年に日向の真幸院木崎原(宮崎県えびの市)で行われた伊東義祐と島津義弘(38歳)との合戦です。伊東家側は覚頭合戦と言いますが、島津家側は加久藤城の戦いとする場合もあります。薩摩の島津…

3分でわかる高橋元種~延岡城を築いた初代の延岡藩主

根白坂の戦い~島津家の降伏を決定づけた夜襲と強固な豊臣勢の守備

手取川の戦い~手取川はこんなところでしたが上杉謙信は強かったのか?

浅井畷の戦い~北陸での関ケ原は西軍が勝利したか?

阿多長寿院盛淳の墓と蒲生10名の墓【関ヶ原近郊の史跡】

長寿院盛淳(ちょうじゅいん-もりあつ)は、阿多盛淳、阿多長寿院盛淳とも呼ばれますが、阿多と言うのは子孫が阿他氏を称したからとなります。長寿院盛淳は、もともと室町幕府の管領の1つである畠山氏の分家出身という事で、1548年?に畠山…

島津の退き口~島津の撤退戦と島津豊久の碑【関ヶ原近郊の史跡】

平塚為広と平塚為広碑~名門三浦家の誇りを持って大谷吉継と運命を共に【関ヶ原の史跡】

島津義弘陣跡(島津惟新陣跡)~防戦に徹した島津勢?【関ヶ原の史跡】

長宗我部盛親陣址~九十九坊・栗原連理のサカキにあった陣跡【垂井町の関ヶ原合戦史跡】

田中吉政陣跡(加藤嘉明、筒井定次の陣もこの付近か?)【関ヶ原の史跡】

田中吉政の陣跡は、他の陣跡史跡と異なり、道路の交差点にあり、田中吉政陣跡の小さな敷地が、道路で囲まれているような感じになっています。田中吉政と言う武将は、豊臣秀次の筆頭家老でしたが、豊臣秀次の切腹事件では、お咎めなく、10万石で三河…

福島正則陣跡(春日神社)~関ヶ原の戦いを見届けた「月見の…

東首塚と井伊直政・松平忠吉陣跡【駅からも近い関ヶ原の史跡…

奥平貞治の墓~関ヶ原合戦の折り東軍で命を落とした唯一と言…

池田輝政陣跡~安王・春王の墓と共にある貴重な戦国史跡【垂…

訪問しておきたい史跡

垂井町・養老町の関ヶ原合戦関係

浅野幸長陣跡~垂井一里塚がある旧中山道沿いに布陣【垂井町…

浅野幸長(あさの-よしなが)は、甲府城主21万石で、父・浅野長政より既に家督を譲られていました。ちなみに、父・浅野長政は前田利長と共に、徳川家康暗殺の嫌疑を掛けられて、自ら謹慎中でした。し…

関ヶ原お勧め史跡

小西行長陣跡~セットで訪れる事ができる関ヶ原開戦地近くの史跡

宇土城主で20万石の小西行長は、そもそも徳川家康に接近しており、会津征伐の際には大阪に残留するように…

関ヶ原古戦場の決戦地碑~関ヶ原合戦の激戦地となった場所

関ヶ原の戦いは、東軍・西軍合わせて15万とも言われる、規模の大きな合戦でした。簡単に申し上げます…

松尾山の小早川秀秋陣跡~登山道と駐車場の紹介【関ヶ原の史跡】

1600年、徳川家康が大勝利を収めた、天下分け目の戦い「関ヶ原の戦い」にて、大きなポイントとなったの…

島津勢ゆかりの史跡

その他オススメ

スポンサーリンク


PAGE TOP